title

SNAP撮影会速報! “きちんと見え”するカジュアル名人大集合【広島サテライトNEWS】

ミモレ編集部として初めて開催をした、スナップ撮影会。おしゃれなショップが立ち並ぶエリアにあって、ひときわ感度の高い方たちが訪れるという
を拠点に、仕事の合間にお越しいただきました方、引っ越してきたばかりで広島のおしゃれ事情をキャッチアップしたいとお考えの方など、たくさんの方にお集りいただきました。たくさんお話しもさせていただき、読者の方同士もお友達になって帰られたり、ととても楽しい時間になりました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました!


SNAP! SNAP! in広島

仕事の合間にかけつけてくれた水澤淳子さんは、“きちんと見え”しつつも、お子様がいらっしゃるので“家で洗える”アイテム選びを重視しているそう。「白、紺、黒、ベージュといったベーシックカラーが大好き。今日は大好きなベージュをベースに小物でアクセントを」
キャッチーなコーディネイトが印象的な主婦の頂岳度世(かみおかのりよ)さん。「ハイウエストのサスペンダー付きパンツはtibiのもの。今日はパンプスですが、スニーカーを合わせることも」。個性的だけれど意外に懐が広いところがお気に入り。
全身ネイビーなのに、素材感の表情が違えば、こんな風に奥行きがあるコーディネイトになるという好例の石本保恵さん。「裾部分に透け感がある総レースのシンゾーンのスカートにSAKURAのトップスを。いろいろなブランドをミックスさせるのが好きです」
トングサンダルと籠バッグ、白ネイルというアクセントで爽やさ際立つコーディネイトの朝井愛弓(あゆみ)さん。ブラウスを少しだけタックインさせるスタイリングテクニックも効いています。
お茶会にもご参加いただいた羽田弓子さんは仕事の合間にお立ち寄りいただきました。「職場はデニムNGだけれど、ホワイトデニムはきちんと見えするので自分の中でOKにしています(笑)」。仕事服はネイビー×ホワイトのベーシックアイテムが多いそう。
旦那様の転勤で広島に越してきたばかりの甲斐野麗子さん。カジュアルが好きだけれど、年齢を重ねるうちに、自分に似合うカジュアルが分からなくなってしまっているそう。「今日を機会にショップスタッフの方にいろいろ相談にのっていただきます(笑)!」
「寒色やモノトーンでまとめる日が多いです」という、ボランティアで日本語講師をされている行保(ゆきやす)みどりさん。大好きなマリメッコのトップスに、ZARAのスウェード調ガウチョを。コーディネイトのポイントは大ぶりなピアスだそう。
編集部・大森が一目惚れして撮影させていただいた WOMEN’S GALLERY副店長の田中宣江(のぶえ)さん。「年齢を重ねてカジュアルにお困りのお客様が多いので、積極的に毎日カジュアル・コーディネイトで店頭に立つようにしています」。

 

今回ご協力いただいたのは……

広島に3店舗を抱え、扱うブランドは、なんと200を超えるという。その3店舗のバイイングを一手に請け負うのは、代表取締役の竹中敏治さん。広島ではここだけというアイテムやブランドが多数ラインアップされています。にもかかわらず、「服は素材。それをどう料理するかはショップスタッフ」だと竹中さんが言い切るだけあって、打てば響く頼れるショップスタッフの方が勢揃い。「何を着たらいいか分からない」「何が自分に似合うか分からない」ミモレ世代のためのショップです。

アパレル業界の事情を熟知する竹中さん(信じられませんが70歳だそう!!!)のお話はとてもおもしろい! いつかミモレでインタビューをさせていただきたい。
「もはやパーソナルスタイリスト!」というくらいのショップスタッフの方による丁寧なコーディネイト・アドバイスも。最後は靴の修理屋さんまでもアドバイズ!

住所:広島県広島市中区中町1-21 シゲトウビル1F
tel. 082-247-5461
11:00~20:00 水曜日定休
 
撮影/川端里恵(編集部) 取材・文/大森葉子(編集部)