たとえばナチュラルなアースカラーのロングワンピースに、足元はサンダル…。旅先のコーディネートは、快適でいてどこか非日常のドラマティックさも欲しい。そんな洗練されたリラックスムード漂う大人の旅スタイルをご紹介します。

『大人の洗練旅スタイル50』を一挙に見る>>

 

 

あえてシンプルなワンピースで「小物が主役」の着こなしに

 

RITSUKO'S コメント


ヴィンテージのようなくすみピンクのワンピースがとてもお似合いです。シルエットに華やかさもあって、一枚でさらりと着ていてもドラマティック。ビーチサンダルやかごバッグでカジュアルダウンしつつも、ジュエリーでさりげなくツヤ感を重ねていらっしゃるのもとても参考になります。

『大人の洗練旅スタイル50』を一挙に見る>>


リラクシングなワンピースをタウン仕様に

 

NAOKO'S コメント


焼けた肌に、ヌーディなワンピースがとっても素敵です。小物も全てナチュラルな素材にして、全身を軽やかに仕上げています。顎ラインのラフなボブが、ラフなスタイリングを大人にアップデートしています。

『大人の洗練旅スタイル50』を一挙に見る>>


快適! オーガニックコットン100%のコンビネゾン

 

NAOKO'S コメント


オーガニックコットン、自然染料を使ったオールインワン、かわいいなあ。ナチュラルなアースカラーも良いですね。

『大人の洗練旅スタイル50』を一挙に見る>>


【40代コーデ】一覧ページをみる>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「Casa-planta」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。

大草 直子

望月律子
1975年8月15日生まれ。アシスタントを経て、独立。現在は、女性誌、カタログなど幅広く活躍中。ベーシックな定番アイテムでこなれ感を出すスタイルが得意。自宅インテリアなどへの取材も多い。