昨年、社会現象とまでなったテレビドラマ『おっさんずラブ』。ドラマのその後を描いた映画『劇場版 おっさんずラブ〜Love or DEAD〜』が8月23日、いよいよ劇場公開になります! 映画をみる前にコミックであの胸キュンをおさらいしましょう。

 
おっさんずラブ(2) (KCデラックス) 

昨年の春ドラマとして放送された『おっさんずラブ』。6話と最終回の2週連続でTwitterトレンド世界一を記録、また、ユーキャンの新語・流行語大賞でもドラマ名がトップ10入りするなどのブームとなり、『おっさんずラブ』ロスの女性が多かったのも記憶に新しいですよね。

そこで『おっさんずラブ』をおさらい。
物語の主人公である春田創一は1巻目の冒頭ではかなりのダメ男。33歳にして実家に住み、母親に家事を任せ、寝坊をし、仕事は営業成績が最下位で彼女もいない。なのに、なぜか憎めず愛されキャラで、母性本能(父性本能?)をくすぐるのか上司の黒澤武蔵、異動をしてきた入社4年目の牧凌太、のちに幼馴染の荒井ちずの3人から思いを寄せられることとなります。

この物語の魅力はなんといっても、春田をめぐる登場人物のそれぞれのピュアな思いをラブコメディとして昇華させており、純粋に恋愛ものとして次の展開が待ちきれないほど! 学生時代を思い出させるピュアな恋愛感情は、真面目な思いゆえについ笑ってしまいました。さらに、春田の愛くるしい笑顔やドジぶりなど一切の打算がない犬系キャラ。春田(はるたん)の可愛さは、世代性別を超えて愛されるほど魅力的。コミカライズでは、春田ほか登場人物の表情一つ一つが生き生きと切り取られているから、興奮度も倍増しながら読み進めることができちゃうのです。

ドラマを見てない人はもちろん、見たことがある人はそうそう!このシーン!と胸が熱くなること間違いなしです。ラブコメ漫画として読み応えがたっぷりあるコミカライズ版の『おっさんずラブ』。ぜひこの機会に読んでみてください。

一話無料公開いたします!

▼横にスワイプしてください▼

続きは無料マンガアプリ「Palcy(パルシィ)」で!>>

 

『おっさんずラブ(2)』 (KCデラックス)

漫画:山中梅鉢 原作:TVドラマ『おっさんずラブ』(制作:テレビ朝日 脚本:徳男浩司)講談社

不動産会社で働くサラリーマンの春田。いつか素敵な恋に巡り合えると信じながらも、合コンでは失敗ばかり。そんな春田を好きになってくれたのは予想外の人物で…!? 公式監修のもと、大人気のコミカライズが実現!世界一ピュアな恋物語が幕を開ける。