¥29000/カーサフライン

「ブンちゃんって甘いものも好きなんだ!?」。以前、雑誌編集の先輩に言われたひとこと。ポーチの中にピンクのリップを入れていて、それを何気なく取り出した瞬間でした。え? たしかに、ファッションは辛口テイストだし、口から出る言葉もまーまー毒気があるのは認めます(笑)。でも、甘いものも好きなんですよ、意外と。スイーツも大好きだし。

…とはいえ。「甘ったるい」ものは苦手。ピンクリップは、ミルキーなものより青みがかったピンクが落ち着くし、シュークリームも皮が香ばしくてクリームにちょっと塩気のあるものが好き。……甘いけど、その奥にほんの少しピリッとスパイスを感じるものが好みなんですね、私。

ついこの間買った、カーサフラインのチュニックもこの類い。全体的にギャザーたっぷりでボリューミィなシルエット、襟・胸元・腕周りにはフリルのアクセントが施されています。

文字で書くと甘そうですが、着ると甘ったるくない。腰上ラインにおさえられた短めの丈感やダークグリーンという渋い色のチョイスが、甘さをぐぐっとセーブしてくれている。これがもっと暗い色、たとえば黒だともう少しドレッシーな雰囲気で、逆にフリルの甘さが際立ってくる。そこをダークグリーンにすることによって、「甘い」にも「ドレッシー」に寄らない、絶妙なバランスを保っているんですね。

渋いグリーンなので口元はピンクリップでも甘ったるくなさそうですが、まずは私的定番のブラウンリップを。新作のローラメルシエのブラウンリップ、発色はいいのに程よく軽くて夏にぴったり。今度インスタグラムかこの連載で紹介しようかな。

辛口派だけど甘いものも実は好きな皆さん、ぜひこのチュニック、試してみてください♡

 

拡大図。よーく見ると繊細な花柄が何種類もミックスされていて「バンダナ」風。カーサフラインのプリントはデザイナーさんが手描きしたものを使っているそう。だからとっても繊細!

 

黒のスキニーデニムと黒小物、ヘアはタイトにまとめて。甘トップス以外はカリッと、が大人にはちょうどいい気がします。

前回記事「レース屋の娘が集めるウィム ガゼットのレース」はこちら>>