こんにちは!

「きのう何食べた?」の実写版ドラマ、以前にドラマ版を観た際の最初の感想を書きましたが、いや〜、もうワタクシ、すっかりハマりまくっております。

「きのう何食べた?」展も行きたくて、いいなあ〜、くうっ〜と歯ぎしりな気持ち。

先々週に番組がお休みだった際は、なんだか心にポカーンと穴が空いた気分でした。そして先週金曜日の9話を、どれだけ楽しみにしていたことか。

イスラエル旅行中も、「は!週末じゃないかっ」と言って、ホテルで夜な夜な観たほどです(笑)。

ケンジ役の内野さんの乙女っぷりがエスカレートしてきてる気がしますが、全然気にならない。っていうかむしろそこがいい。肩の動かし方とか、手の使い方でこんな風に女っぽくってなるものなんだなあと、感心しきり。

原作にないセリフも、全く違和感ないどころか「原作にない言葉が聞けるなんて♪」ぐらいの気持ち。

一度ならず二度も三度も観て、ニュースに上がってくるレビューを全て読み込み、果てはツイッターに人々がつぶやいている言葉をせっせと追っている……

こんなにハマったドラマはいまだかつてないんじゃないだろうか。

レビューなどでも「なぜこんなに人気なのか」という検証があれこれなされてますが、私自身の感想だと、「原作に忠実」「キャスティングが最高」、そして何よりも「脚本が素晴らしい!」に尽きるかなあ。原作のいろんな話が切り貼りされているのに、ちっとも違和感ないのがすごい。

音楽も最高! ナカムラヤのテーマ曲が毎度ちょうどいいところで(時にインストルメンタルだったり)入ってきて、二次元が三次元になると、こういう面白さが加わるんだな〜とも感じました。

もはや、今から終わった時のロスが心配です。ていうか、もうあんまりあれこれ話を繋げなくていいから、ぜひ続編を作って欲しい!! テレビ東京に嘆願書でも出した方がいいのかしら?

原作も相変わらず読み返し続けているので、我が家ではシロさんメニューが頻繁に登場。こちらは常夜鍋。ほうれん草は湯がいておくといいんだなと知りました。