6月公開の映画は、ある内部告発に端を発した疑惑を追う女性ジャーナリストの物語。「医療系大学の新設を巡る利権」「権力の癒着」「官僚のスキャンダル」「内閣情報調査室(内調)の暗躍」……そこで描かれるのは、現実でもどこかで耳にしたことがあるような話ばかり。原案は東京新聞の記者、望月衣塑子(もちづきいそこ)さんによる(角川新書)。内閣の定例会見での、菅官房長官とのバトルで知られる人物です。

 

望月衣塑子 1975年、東京都生まれ。東京・中日新聞社会部記者。慶応義塾大学法学部卒業後、東京新聞に入社。千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材する。2004年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の報道をスクープし、自民党と医療業界の利権構造の闇を暴く。経済部記者などを経て、現在は社会部遊軍記者。防衛省の武器輸出政策、軍学共同などをメインに取材。著書に(角川新書)、(共著、あけび書房)、』(角川新書)。二児の母。


「声をかけて下さったプロデューサーさんが今の政治に疑問を持ち、“日本でもアメリカのように政治に切り込んだ社会派作品があるべきだ”と強く思っている方で。ただ私の体験を書いた原案そのままではなく、より広い観客に訴えられる、娯楽性のあるフィクションにしたいと。私と、前川喜平さん(元文部科学省事務次官)、マーティン・ファークラーさん(元ニューヨーク・タイムズ東京支局長)、南彰さん(朝日新聞記者・新聞労連委員長)の4人の対談も撮影したんですよ。“どうやって使うんだろ?”と思っていたんですが(笑)、うまくインサートされていて。実在の人間がリアルな政治問題を批判する場面が入ることで、映画と現実がクロスする感じになっています」

映画は、私たちの何の変哲もない日常、その裏側を描いていきます。例えば。疑惑を追う主人公の若手記者・吉岡エリカが、その過程で出会う若手官僚・杉原拓海。彼は内閣情報調査室で働いていて、現政権を維持するための世論コントロール――スキャンダルのリークや、フェイクニュースの拡散など――を行っています。権力の都合のいいように操作される世の中で、それを知りながら――もしかしたら知るからこそ、メディアは忖度しているようにも。それもまた、どこか現実とオーバーラップします。

東都新聞記者・吉岡エリカを演じるのは今最も注目される韓国女優のひとりシム・ウンギョン。正義と組織に葛藤する若き官僚・杉浦拓海を演じるのは、主演作が続く松坂桃李。 ©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ


「被害者報道は誰もやりたくない」「求めてない」で良いのか


「“メディア=正義”とは見えていないんですよね、やっぱり。例えば5月に起きた自動車事故での保育園の会見。おそらくメディアに関係している方だと思うのですが、“現場の記者は誰もやりたいと思っていない、遺族取材をやめよう”とつぶやき、ネット上で数万を超える“いいね!”がつきました。私も記者になって最初の仕事が遺族取材で、なぜこんなことをと思った経験があるので、その気持ちはわかります。でも被害者の言葉を伝えなければ、事故の悲惨さは“他人事”で終わってしまう。ニュースにすることで“保育園の沿道のガードレールを義務化しよう”といった、社会の変化につながっていくと思うんです」

ただその一方で、政治家などが相手の場合、「それで終わり?」と思ってしまうことも。そのバランスの悪さが、メディア不信の根源にあるようにも思います。

「それは私も憤りを感じるところで。“韓国で「モリカケ(森友・加計)」みたいなことが起こったら、官邸前に10万人20万人集まるのが普通。なんで日本人は怒らないんですか?”と言われたことがあるんですが、まず記者がそうなんです。“お上至上主義”が抜けないし、忖度してしまうんですよね」


質問も答えも“予定調和”の会見で、何が聞けるのか?


官房長官とのバトルも辞さない望月さんの記者としての姿勢には、そうした思いがあります。映画に登場する主人公・エリカの、“アメリカ育ちで日韓の両親を持つ”というキャラクターは、そうした新聞業界にある望月さんの「異物感」とリンクしているかのようです。

©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

「納得がいかないとストレートにぶつかっていく主人公には、“私もこんなやったよな”って思いました。でも作品を見た当時の上司からは“ぜんぜん違うだろ、お前はあんなおとなしくない、あんなもんじゃなかった”と(笑)。大学で一年だけ海外留学を経験するまではずっと国内育ちですが、よく“帰国子女だよね”とも言われますね。でも海外のジャーナリストは“海外では望月さんみたいな人ばっかり”と」

逆を言えば、望月さんが“変わり者”と思われることこそが、日本のマスコミの特殊性かもしれません。望月さんは続けます。

「例えば今の官房長官の定例記者会見って、長官側の要望もあり、質問が事前に官邸側に渡っていることが多いと聞きます。自民党でも後藤田正晴官房長官の時はまずしていなかったと聞きますが、たぶん菅さんは質疑が苦手で、その場でしどろもどろになったりしたくないんだと思うんです。それは官房長官に限らず、首相の会見も同じ。もちろん記者はそうはしたくないけれど、求められてしまえばなかなか抗えない。
海外では記者がダイレクトに質問をぶつけるのが当たり前で、あのトランプ大統領ですら、例えばシンガポールで行われた米朝首脳会談では、単独で1時間ぶら下がり(記者が大統領を囲む)会見をやる。でも日本の政治家は国連なんかで外国の記者に“事前に質問を投げてくれ”と言って笑われている。記者も政治家もそれでいいというありようは、本当によくない。用意された答弁だけ、形だけで、何も聞けないし、何もチェックできないですから」

実は、メゲたりすることもあるそうです。特に菅官房長官が国会で望月さんを罵倒し騒ぎになっている時は、あまりに腹が立って食事が喉を通らなかったのだとか。

「注目を浴びて“罵倒されてましたけど大丈夫ですか?”とかと聞かれるんですが、“大丈夫じゃないよ!”って(笑)。会社からも“検証記事をまとめるから、今は不用意にしゃべるな”と言われていて、反論一つできず言われっぱなしでしたし。
でもしばらくすると応援してくれる人が沢山出てきて。市民団体の方たちが官邸に抗議声明を出したり、直接抗議してくれたり、朝日新聞や共同通信の記者が会見で追及してくれたり。内閣記者クラブも、昨年末の官邸からの“望月を外せ”という要請には、“さすがに容認はできない”と抵抗してくれたみたいで。もちろん私の至らない点や反省すべき点もありますが、私の権力への向き合い方について、正面から文句をいう人は少なくなってきたと感じています。それは私のためではなく、「記者はなんの為に存在しているのか」「政府広報のためではなく、国民の知る権利を支えるために記者がいるんだ」という、“原点”の価値を共有する記者達が多いということなのだと思います」

伊藤詩織さんに端を発した日本のメディアの#MeToo、テレ朝の女性記者へのセクハラ、事務次官による「女性記者を囲む会」の実態など、望月記者へのインタビューは後編へと続きます。
 

<映画紹介>

©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問いかける衝撃作。
東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』を“原案”に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリー。主演は韓国映画界の至宝 シム・ウンギョンと、人気実力ともNo.1俳優 松坂桃李。

6/28(金)新宿ピカデリー、イオンシネマほか 全国ロードショー!
監督:藤井道人
出演:シム・ウンギョン、松坂桃李
本田翼  岡山天音 郭智博 長田成哉 宮野陽名 / 高橋努 西田尚美
高橋和也 / 北村有起哉 田中哲司
配給:スターサンズ/イオンエンターテイメント
©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ


撮影/塚田亮平
取材・文/渥美志保
構成/川端里恵