こんにちは。ライターの石橋里奈です。Casa-planta世代のウィッシュリストに追加してほしいコスメをピックアップしてお届けしていくこの連載。今回は、トレンド感と女性らしさを兼備した新作チークをご紹介したいと思います。


何をおいても手に入れたい
おしゃニュアンスな彩り


あくまでさりげなく血色感を演出してくれながら、トレンド感と女っぽさを引き上げてくれるチークがあったら……。この夏は、そんな私達のリクエストに応えてくれるチークが続々とデビュー。発売と同時に売り切れになる可能性大だから、この週末、すぐにサイトや店頭をチェックしてみてください。

A イヴ・サンローラン ¥6000 /イヴ・サンローラン・ボーテ(5/24発売)
B Fujiko ¥1400(5/30発売)
C NARS ¥4500/NARS JAPAN(5/24限定発売)


早速お試し&発色をチェック!

A イヴ・サンローラン ¥6000 /イヴ・サンローラン・ボーテ(5/24発売)

みんなに差をつけたいなら絶対コレ

2018年に限定発売されるや否やヒットを飛ばしたスモーキーなプラムが、この夏待望の定番化! ふわっふわの平ブラシも優秀で、ひとはけで品良くセンシュアルなムードを連れてきてくれます。マットな質感で誰でもおしゃれ上級者の風格になれます。ドライでもウェットでも使えるから1つで2度おいしいですよね。
 

B Fujiko ¥1400(5/30発売)

ふんわりマシュマロ発色

向かって右からハイライト、ニュアンスカラー、チークカラーが8mm幅になったボーダー設計が画期的なローズピンクのチーク。チークカラーの下の部分を小鼻の横の高さに合わせて内側から外側へひとはけしたら、アウトラインを指でトントン。これだけで、さりげなく発色して肌をうるツヤに。クリーミーな質感でスルスル。
 

C NARS ¥4500/NARS JAPAN(5/24限定発売)

幸福感に抱かれた表情に

ブランドのアイコニックカラー“オーガズム”がオーバーサイズの限定コンパクトにセットされて登場。繊細なピーチピンクのパウダーにゴールドパールをブレンドした絶妙なカラーは、きちんと存在感もあって、光を肌に集めてくれま。個人的には頰全体に広めにのせるのがおススメ。


チークのタイミングを
見直せば、一層美人に!


みなさん、チークをのせる正しいタイミングをご存知ですか?パウダリーファンデーションで仕上げるときは一番最後、リキッドやクッション、クリームファンデーションで仕上げる場合は、仕上げのフェイスパウダーの前にサンドイッチするとナチュラルにフィットします。この機会に見直してみてくださいね。

次回も、今すぐ手に入れたくなる素敵なコスメをご紹介できればと思っています。楽しみにしていてくださいね。

お問い合わせ先/
イヴ・サンローラン・ボーテ tel. 03-6911-8563
Fujiko tel. 0120-91-3836
NARS JAPAN tel. 0120-356-686

撮影/横山翔平(t.cube)