たとえば、来客があったときに、おもてなしするためのティーカップ。ほぼどこのご家庭にある、エレガントなイギリスの陶磁器のブランド。それが私のウェッジウッドに対するイメージでした。

タイムレス・ラグジュアリー。

時代を超えてなお(なんと今年で創業260年!)、世界中で愛され続けている理由をさぐるべく、今春、ウェッジウッドの本社があるイギリスの陶磁器で有名な街ストーク・オン・トレントに赴きました。

広大なる緑の丘の横を流れる豊かな水をたたえた運河。こちらの運河は、この地で生まれ育ったウェッジウッドの創業者ジョサイア・ウェッジウッドが陶磁器の流通用に設立に尽力したもの。窯業の発展のため、産業に携わるメーカーすべてが使えるようにと整備したのだそう。今でも、イギリス中から、事業家としてだけではなく、人道家としても「英国陶工の父」として尊敬される存在。ジョサイアが生きていた頃の風景が色濃く残る街で、ウェッジウッドの製品は生み出されています。


本社の横には、美術館やフラッグシップストアやティーサロンを備えたが。休日ともなると、たくさんの方が訪れる人気スポットです。まずは、約8万点の美術作品を所蔵するへ。1日たっぷり見ても時間が足りないほどのアーカイブ量。イギリスの食文化を通して見えてくる生活や生活様式のトレンドなど、いろいろな角度を読み解くことができ、とても興味深かったです。

  • まず、私が心を打たれたのは、こちらの陶器製の記章。そこには、「AM I NOT A MAN AND A BROTHER.(私は人間ではないのか、友ではないのか)」と書かれています。手に枷をつけられた奴隷のレリーフに添えられたメッセージに、奴隷解放運動に尽力したジョサイアがとてもよく理解できます。
  • 糸を紡ぐ女性が表現されたジャスパー(宝石のような陶器を作ろうとジョサイアが発明した釉薬が使われていない陶器)。当時の女性の日常をレリーフで描いたものです。こちらの美術館にあるアーカイブを見て行くと、この260年のイギリスの生活史も分かり、とても興味深い!
  • 研究熱心な発明家であったジョサイア。釉薬、温度、窯に置いた位置なので、焼いた後にどのように発色が変わるかを細かくチェックしていたのがよくわかります。このように細かく実験結果を残しておいた蓄積が今でもきちんと引き継がれているのだそう。



ちなみに、皆様がウェッジウッドと聞いて思い出すシリーズは何でしょうか? 私は、ワイルド ストロベリー シリーズです。今年は記念すべき260周年ということで、ゴールドが装飾されたワイルド ストロベリー ゴールドが発売されるとのこと。本社で、そちらのデザインを担当したデザインチームのチーフのアンジェラさんとデザイナーのグウィンさんにインタビューさせていただく機会にも恵まれました。

ティーサロンで撮影させていただいたワイルド ストロベリー ゴールド(すべて数量限定)。手前左/¥15000、手前右/¥7000。(6月下旬発売予定)
手前から、¥10000、クーププレート¥7000、¥18000。(6月下旬発売予定)
こちらは¥5000。(6月下旬発売予定)全部で5アイテムが発売。全体を白で統一させたテーブルコーディネイトのポイントにさしこんでも可愛いですね! 

「陶磁器にまつわる技術はもちろん、たくさんのデザインの貴重なるレガシー(遺産)を抱えているのがウェッジウッド。それを尊重しながら、どうチェンジさせるべきかをいつも重視してデザインするようにしています。“トラディショナルなのに、新しい”。そう思っていただけるデザインは何なのか、をいつも意識しています」(アンジェラさん)。
「そう! 私たちデザインチームは、レガシーとイノベーションのバランスを考えながら、STEP AHEAD(一歩先へ前進)することが大切だと思っているの」(グウィンさん)。

デザイン・マネージャーのアンジェラさん(左)とワイルド ストロベリー シリーズを手がけたデザイナーのグウィンさん(右)。「創業者のジョサイアは教科書に掲載されているくらいの人物。企業のヴィジョンを体現する創業者の存在はとても大きいし、重要」(アンジェラさん)。「ウェッジウッドで働けることを誇りに思っているわ」(グウィンさん)


デザインルームがある本社近くにある、先ほど紹介したウェッジウッド美術館に行けば、2世紀半前のパターンブックを見ることもできる環境にあります。

「信じられないくらいのデザインソースがアーカイブされているの。それらを見ながら、新しいアイデアを生み出しているの」(グウィンさん)。

「中でもワイルドス トロベリーは特別なパターンだわ。ワイルドストロベリーという果実は英国人にとって、とてもスペシャル。ウィンブルドンやピクニック、ストロベリー・シャンパンなど、楽しいサマータイムを喚起させてくれるの」(アンジェラさん)。

「“パーフェクションラブ”という意味があるのよね!」(グウィンさん)

こちらが260周年を迎えたウェッジウッドのパターンブックの1号目。
その時から、ストロベリーのパターンはあります。
こちらは美術館に展示されているファイン ボーン チャイナの中で、もっとも古いストロベリー柄のカップ&ソーサー。

世界中で愛され、愛好家が多いワイルド ストロベリーシリーズ。今回の260周年記念シリーズのデザインのポイントを聞いてみると……。

「ゴールドを使っている他に、このシリーズだけ、モンシロ蝶を飛ばしたのよ。器の裏面のバックスタンプやボックスなど、いろいろ仕掛けをしたので、それも楽しんでいただけたら、とっても嬉しいです」(アンジェラさん)。

「デザイン全体が野原に見えることを意識しているの」とグウィンさん。

イギリスではポーセリン(陶石)がとれなかったため、牛骨を使った堅牢性の高いファイン ボーン チャイナ(だから、“ボーン”チャイナだったのかと今更知りました照!)が誕生したのだと言います。だから、ウェッジウッドの器は一見繊細そうに見えて、かなりタフなのか、と大興奮してしまいまいました(笑)。

アーカイブを見ながら、楽しい解説をたくさんいただきました。このもようをライブ配信すればよかったかな(笑)?

その後、ファクトリーツアーの見学も。絵付けやライニング(手描きで線を描く装飾技術)、釉がけ、型作り、窯焼き……本社と工場が隣接しているからこその密な連携が可能に。だからこそ、ジョサイア氏の魂を全員で共有し、グローバル企業となりながらも、熟練の職人さんと一体となった商品づくりが可能になっているのだな、と。

職人さんたちの真剣な作業を見ていると、引き込まれすぎて時間を忘れてしまいそうに!

駆け足でウェッジウッドの魅力を紹介してしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

私は、今回の取材を通し、ウェッジウッドがなぜこんなにも長い間、世界中で愛されているのかという理由の一端を垣間みることができました。そして、自分が普段何気なく使っているモノの価値をもう一度見直すキッカケとなりました。

英国在住の料理研究家エリオット・ゆかりさん宅にご招待された際のアフタヌーンティーはワイルド ストロベリー シリーズでコーディネイト。
「しまいこまず、器は使ってあげたほうが喜びますよ。楽しい夏の高揚感を喚起させてくれるワイルド ストロベリー柄なら、自分の気持ちをちょっと楽しくさせたい時にぴったりですね!」(ゆかりさん)。


たとえば、一杯の紅茶。

ただ、喉の乾きをいやすためではなく、自分の心をホッとさせたり、満たしたり、休ませたり……そのティータイム自体を慈しめるように。

誰かを大切に思うために、まず自分を大切にしてあげる。毎日そんなふうにティーカップを選びたいと思います。
 

260周年キャンペーンが実施中!
全国のウェッジウッドショップで商品を本体価格12000円以上購入すると、オリジナルカッティングボード(非売品)をプレゼント中。なくなり次第終了とのこと。お早めに!
260周年を記念し、コロンビア ゴールドが復刻!
 
1960〜70年代に製造されていた、上品で洗練された佇まいのコロンビア ゴールドが数量限定で復刻します。ギリシャ神話の「グリフィン」をモチーフにした優美なデザインが特徴です。カップ&ソーサー、プレートなど、5アイテムが今秋発売予定です。

お問い合わせ先/

撮影/在本彌生 取材・文/大森葉子(編集部)