本格的な行楽シーズン到来。キャンプ場は予約済み!という方も、今年こそはキャンプデビューを!と思っている方も必見!! 初心者でも失敗しない&おいしくてアウトドアが盛り上がるレシピを、人気モデルAYUMIさんの著書からご紹介します。

コンソメ不要! 野菜の甘みを生かしたシンプルレシピ「ミネストローネ」


夏キャンプのときによく作るメニューで、子どもたちも大好き! トマト缶じゃなくて、生のトマトを使ったり、旬のズッキーニやなす、ブロッコリーを入れてもいいですよ。

 材料(4人分)
ベーコン……100g
玉ねぎ……1個
にんじん、セロリ……各1本
ホールトマト缶……1缶
にんにく……1かけ
オリーブオイル……大さじ1
ローリエ……1枚
水800ml
塩……小さじ1

 作り方 
1.ベーコンは1cm角に切る。にんにくは皮をむき、薄切りにする。にんじん、玉ねぎは皮をむき、1cm角に切る。セロリは筋を取り、1cm角に切る。
2.鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて熱し、香りが出てきたらベーコンを炒める。ベーコンに油がまわったら、1の残りの野菜をすべて加え、しんなりするまで炒める。
3.ホールトマト、ローリエ、分量の水、塩を加え、途中、トマトをくずしながら約20分煮込む。
4.味を見て、塩けが足りなければ塩(分量外)で好みの味に調える。

+カレールウでミネストローネカレーに

 

残ったミネストローネにカレールウを溶かせば、トマトベースのカレーに変身。カレー粉をふれは、スープカレーになります。いろんなアレンジを楽しんでみてくださいね。

AYUMI’s advice
味を変えたくないときは、ご飯を加えてリゾット風にしたり、ゆでたショートパスタを加えてからめても!


AYUMIさんの著書では、このほか、さまざまなスープ、焼き物、煮込み&炊き込みのレシピを紹介しています。簡単アレンジで夕食が朝食に早変わりしたり、キャンプの予定がなくても、おうちでも思わず作ってみたくなってしまうものばかり! 
また、キャンプ場でキッチンを設営する方法や、自宅でしていく下準備&下処理、持って行くと便利なものなども写真つきで詳しく解説。AYUMIさんのアイデアがたくさんつまった簡単&おいしいお料理、ぜひ作ってみてくださいね。

 

著者 AYUMI 1200円(税別) 講談社

今のキャンプ料理はおなじみの「カレー」「バーベキュー」よりも、もっとおしゃれに進化しています。そこで、AYUMIさんが、おしゃれなキャンプ料理を教えます。AYUMIさんの料理は素材の味を生かし、味付けは基本的に塩としょうゆ、というかなりシンプルなもの。初心者でも無理なくできるレシピばかりです。キッチンの設営方法や持って行くと便利なものなども解説。これからキャンプを始めたい方、必携の一冊です!

のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。

AYUMI(アユミ)

ファッション誌『non-no』の専属モデルとしてデビュー。結婚・出産を経た現在も、ファッション誌、ライフスタイル誌、テレビを中心にママモデルとして活躍中。そのナチュラルで誠実な暮らしぶりは、多くの女性たちの心を捉え、『ESSE』(扶桑社)では「AYUMIさんのこだわりクローゼット」、『LEE web』(集英社)では「AYUMIさんのしあわせのもと」を連載。また、2013年に出版した『AYUMIのファミリーキャンプBOOK』(アスペクト)をきっかけに、キャンプモデルとして、多くのキャンパーの支持を得ている。最近ではキャンプにとどまらず、“ファミリー登山”も始めた。料理上手としても定評があり、ローフードマイスターの資格も取得。本書が初の「料理本」となる。

写真/田中信吾

出典元:

・第1回「キャンプに最適!冷めてもおいしい「根菜の塩麹スープ」のレシピ」はこちら>>
・第3回「キャンプが盛り上がる!簡単で見映えもいい定番アクアパッツァ」の作り方」は5月5日公開予定です。