こんにちは。編集・川端です。今“青田買いすべきマンガ”を全力でおすすめするこのコーナー。今日ご紹介するのは「」で連載中の常喜寝太郎先生の『着たい服がある』です。

突然ですが、みなさん、なんの制約もなかったらどんな格好がしたいですか? どんな服を着て出かけてみたいでしょうか。

会社員かフリーランスか、働いているか働いていないか、ママかそうじゃないか、太ってるか痩せてるか……そんな条件を全部とっぱらったとしたら?

コスプレイヤーかもしれないし、宝塚のトップみたいな男装かもしれないし、レッドカーペットの上のハリウッド女優みたいなガツンと胸元のあいたセクシーなロングドレスかもしれない……。ある種のコスプレ願望は誰しもある気がします。

私たちは歳を重ねるごとに、いろいろな制約を背負って、まわりの人が思う“あなたらしさ”の額縁の中で服を選ぶようになっているからかもしれません。

「ファッションとは誰と会うか、何をするかで考えよ」と“装いの社会性”を常々提唱してきたミモレにおいて、この問いは矛盾が生じる気もします。でもあえて、ここでおすすめしたいマンガが『着たい服がある』です。

主人公は、背が高くてクールな美形の女子大生マミ。その外見からまわりには「かっこい女性」像を自然と求められ、そこに違和感をもちつつもなんとなく合わせています。ある日、バイト先に爽やかイケメンの小澤くんが入ってくるのですが、彼の私服はかなり奇抜。まわりの目を気にせず個性的なファッションをし続ける彼に感化され、マミは徐々に着たかった服を身につけるようになっていきます。マミが本当は着たかった服、それはロリータファッション!

この記事の最後に1話無料掲載しておりますで、ぜひ見て確かめていただきたいのですが、私の正直な感想としては、ロリータファッションに身を包んだマミより、前半のデニムスタイルの方が似合ってて素敵なんじゃないかと思ってしまいました。

でもそこがこのマンガの大事な問いかけ。「こういう方が〇〇には似合うのに」という他人からの(余計な)オススメに多くの人が束縛されているのではないかと。

親しい友人や姉妹、子どもなどに「あなたは◯◯だから△△な方が似合うわよ」と、良かれと思って言ってあげたことは誰しもあるのではないでしょうか。あるいは自分が言われたことも。

人からどう思われるとか何にも気にしなかったら、はたしてどんな格好がしてみたいかな……と思い巡らせながら、ぜひ読んでみてください!

 

著者  常喜 寝太郎 講談社

女子大生マミには、誰にも言えない「秘密」があった。それは、「ロリータファッション」に憧れていること。背が高く、一見クールなマミは、家族からも友達からも「かっこいい女性」像を自然と求められ、そのイメージから外れることに臆病になっていた。だが、周りの目を気にせず奇抜すぎるファッションをし続けるバイト先の同僚・小澤くんに感化され、徐々に「本当の自分」を開放していく――。


▼横にスワイプしてください▼

1 / 30