「世界で最も美しい村」を知っていますか?
1982年にフランスで、地方の村の保存と活性化を目指して「フランスの最も美しい村」が設立されました。美しい景観や後世に伝えたい保護財産などを持つ小さな村にスポットを当て、「最も美しい村」として認定するというもの。現在は、ベルギー、カナダ(ケベック)、イタリア、スペイン、日本も参加し、世界的な広がりを見せています。

写真家・吉村和敏さんが、発祥の地である「フランスの最も美しい村」156村(2017年5月時点)を長期にわたって取材し、1冊にまとめたガイド写真集がです。

フランスだけでなく、イタリア、ベルギーの「最も美しい村」を全踏破し、現在はスペインを取材中という吉村さん。「最も美しい村」には、ただ風光明媚なだけでない、そこに暮らす人々の何気ない生活の一コマにも魅力が溢れているといいます。日本で一番「最も美しい村」を訪れている吉村さんに、フランスの「最も美しい村」のなかでもおすすめの村を紹介していただきました。


シャガールをはじめ多くの画家を魅了した村


ヴォクリューズ高原にあるリュベロン山麓の村、ゴルド。ラベンダー畑に囲まれたセナンク修道院から、曲がりくねった石畳の坂道(カラード)を登った先にあるのが、ルネサンス様式の壮麗な城とサン・フィルマン教会です。マルク・シャガールをはじめ、ハンガリー出身のヴィクトル・ヴァサレリ、ベルギー出身のボル・マラなど多くの画家がこの村に魅了されました。見どころとしてセナンク修道院、ボリー(石造りの農家)、ステンドグラス博物館、製油工場、ボル・マラ美術館などがあります。

 

オリーブ畑の中の一本道を走り、小高い丘を越えると、突然目の前に村が。古城に向かってハチミツ色の民家が、らせん状に連なるその圧倒的な風景は、まるでフランドルの画家ブリューゲルの代表作『バベルの塔』を思わせます。

世界各国から毎年100万人が訪れる

 

プロヴァンス地方で最も人気の高いこの村は、世界各国から毎年100万人以上の観光客が訪れるとか。村の外れのテラスからぶどう園が延々と連なるリュベロン地方の大地が一望でき、石畳に落ちる影が風情を醸し出しています。

 

18世紀、ロマネスク様式からイタリアン・バロック様式を取り入れて再建されたサン・フィルマン教会。礼拝堂は靴職人、鍛冶職人、錠前職人の聖人に献納されています。

 

崖の上にある見晴らし台からゴルド村を一望できます。ゴルド城をはじめとする建物がライトアップされ、星が輝く夜空に浮かび上がっていました。

 
 

<この記事で紹介した「最も美しい村」はここにあります>

 

ヴォクリューズ県/Vaucluse

 


吉村 和敏(よしむら かずとし)
1967年、長野県松本市で生まれる。県立田川高校卒業後、東京の印刷会社で働く。退社後、1年間のカナダ暮らしをきっかけに写真家としてデビューする。以後、東京を拠点に世界各国、国内各地を巡る旅を続けながら撮影活動を行っている。2003年カナダメディア賞大賞受賞、2007年日本写真協会賞新人賞受賞、2015年東川賞特別作家賞受賞。
 

 


著者 吉村 和敏 2800円(税別) 講談社


「最も美しい村」の発祥の国フランスがさらにパワーアップ!新たに10村を加え、吉村和敏が魅力あふれる村を歩き、撮る!
「こんなところに村があるのだろうか…」手探りで田舎道を走りながら、ふと不安になったとき、ブドウ畑の向こうに、中世の家並みがふいに姿を現した―好評を博した前作から8年、それぞれの美しい瞬間を撮影! 新登録された10村を加え、156村掲載。ガイド写真集Map付き。

『増補版 「フランスの最も美しい村」 全踏破の旅』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。

写真/吉村和敏

出典元:

・第2回「世界遺産にも登録。フランスの「最も美しい村」を歩く」は4月13日公開予定です。
・第3回「重厚なゴシック建築は必見!仏バスク地方の「最も美しい村」」は4月16日公開予定です。
・第4回「ミニチュアのように可愛い、フランスの「最も美しい村」」は4月18日公開予定です。