昭和34年に皇室に入られてから60年間、人々を励まし、癒し、勇気づけてきた美智子さま。ミモレでは2019年1月からご退位の前日まで、今も色あせることのない、日本女性の美、品格、優雅さ、可憐さ、思いやりの心を体現している装いを振り返りました。
ミモレの『毎日、美智子さま』にて公開してきた写真から、美智子さまの春夏の定番、水玉スタイルに注目します。

白のダブルのツーピースに、紺地に白の水玉のブラウス、そして同柄のお帽子を。水玉とパールのイヤリングもリンクして。紺のバッグと手袋で、お手本にしたい全体の配色バランスです。昭和41年6月、東京・西武デパートで日本山岳会創立60年記念展をご見学。
 

白のワンピースにブルーの水玉が爽やかなワンピース。ウエストにはリボンが。プライベートではロマンチックな装いを楽しまれる美智子さまらしいお召し物です。ゴールドのネックレスもアクセントに。昭和40年7月、ご家族で軽井沢へ。
 

落ち着いたブルーグレーのツーピースには、白地に小さな水玉のトップスとお帽子で。昭和45年7月、海の記念日記念式典にご出席。
 

1枚目の写真とは逆のパターン。紺のスーツに白地に紺の水玉のトップス、そしてお帽子を。コサージュも同柄でいっそう華やか。アクセサリーは短いパールのネックレスを。お召し物に合わせて長さの違うネックレスを使い分けられているところも、ぜひお手本にしたい。昭和46年8月、徳島・香川をご旅行。
 

オレンジ色に大きな白のドットのプリントがモダンなセットアップ。白のカゴ編みのバッグも印象的です。洋服のドットに合わせて大きな白い玉のイヤリングを。プライベートでは美智子さまもご自由にファッションを楽しまれています。昭和40年7月、ご家族で軽井沢へ。
 

白地にグリーンの水玉柄のコート&ワンピースを主役に小物も同じ色で統一し、式典にふさわしい華やかで品のある装い。昭和39年。


写真はすべて、講談社所蔵写真3万枚超から厳選した貴重なカットです。
この企画は弊社写真部のカメラマンが主に1960~1970年代に美智子さまを撮影したお写真で構成されています。キャプションは過去の資料をあたり、敬称・名称・地名・施設名・大会名・催し物名など、その当時のものを使用しています。古い写真が多く、退色・汚損したものは色鮮やかにデジタル化してよみがえらせています。

 


価格 1400円(税抜)
3月7日発売


ミモレでも好評を頂いていた連載、「毎日、美智子さま」。
さらにミモレ編集部から、美智子さまの若かりし頃の秘蔵写真と、
日本女性としていつまでも心に留めておきたいお言葉の数々をまとめたカレンダーが発売中。
毎日、毎年使い続けることのできる日めくりタイプ。
お部屋に、机の上に、いつもそばに美智子さまのお心を留めておくことができます。
ご両親や祖父母へのプレゼントにも最適です。

詳細はこちらへ

写真/講談社写真部
構成/片岡千晶、佐々木奈々子