昭和34年に皇室に入られてから60年間、人々を励まし、癒し、勇気づけてきた美智子さま。ミモレでは5月のご退位の前日まで、今も色あせることのない、日本女性の美、品格、優雅さ、可憐さ、思いやりの心を体現している装いを振り返ります。
ミモレの『毎日、美智子さま』にて公開中の写真から、今回は美智子さまのコンサート鑑賞スタイルに注目します。


ペールピンクのリボンワンピースで演奏会へ

肩に大きなリボンがあしらわれた、ドレープの美しいドレスでハープのリサイタルへ。同じ色のクラッチバッグをお持ちに。ご自身もピアノやハープを演奏される美智子さまは、演奏会やコンサートへも度々ご出席されます。昭和41年7月、東京・上野文化会館で開催された桑島すみれハープリサイタルにて。

顔まわりのアクセサリーはイヤリングのみ。あとはご愛用の時計とブレスレットで、あくまでドレスをメインにしたコーディネート。淡いピンクが美智子さまにお似合いです。


ブルーのエレガントなドレスでコンサートへ

美智子さま作曲の子守歌「おもひ子」が発表された、母子愛育会チャリティコンサートにご出席。襟元と袖にシフォンがあしらわれた、エレガントな淡いブルーのドレスで。昭和44年7月、東京・上野文化会館にて。


ご懐妊時のコーディネートにも優しさと品格を

礼宮様をご懐妊時には、ロング丈で裾の広がったトップスやコートに好バランスなタイトスカートを合わせられて、ご公務を行った美智子さま。おなかの膨らみを強調しすぎず、お体にも負担のない、美智子さまらしい品のある配慮の行き届いた装いです。昭和40年9月、上野文化会館で行われたスラブ歌劇団コンサートをご鑑賞。

三連のパールのネックレスにブローチ、そしてバッグで華やかに。


浩宮さまとコンサートへ。白の華やかなコーディネート

昭和42年1月、浩宮さまと一緒にヤマハホールで行われた久保田良作発表会をご鑑賞。白のコートジャケット、ワンピース、お帽子、手袋まで、色も素材感もすべて同じトーンで揃えられたコーディネート。バッグと靴は白ながら光沢感のあるものを選ばれて。華やかながら、母の優しさも感じられます。

コサージュのついたお帽子と三連のパールのネックレスのコーディネートは、フォーマルな場での美智子さまの定番コーディネート。浩宮さまに笑顔でお話を。


写真はすべて、講談社所蔵写真3万枚超から厳選した貴重なカットです。
この企画は弊社写真部のカメラマンが主に1960~1970年代に美智子さまを撮影したお写真で構成されています。キャプションは過去の資料をあたり、敬称・名称・地名・施設名・大会名・催し物名など、その当時のものを使用しています。古い写真が多く、退色・汚損したものは色鮮やかにデジタル化してよみがえらせています。

 


価格 1400円(税抜)
3月7日発売


ミモレでも好評を頂いている連載、「毎日、美智子さま」。
さらにミモレ編集部から、美智子さまの若かりし頃の秘蔵写真と、
日本女性としていつまでも心に留めておきたいお言葉の数々をまとめたカレンダーが発売中。
毎日、毎年使い続けることのできる日めくりタイプ。
お部屋に、机の上に、いつもそばに美智子さまのお心を留めておくことができます。
ご両親や祖父母へのプレゼントにも最適です。

詳細はこちらへ

写真/講談社写真部
構成/片岡千晶、佐々木奈々子