title
6

話題のダッドか定番の白か。春のスニーカーはどっちにする?

山根亜希子さんと選ぶ、春のバッグ&靴特集も最終回。今回はスニーカーをピックアップします。「きれいめカジュアルにはどんなスニーカーを合わせたらいいのか知りたい」という山根さんと一緒にスニーカーを探してみました。

基本的にはパンプスが多い山根さん。スニーカーはベルクロのスタンスミスやGUのスリッポンなど、シンプルなものが多め。

これまでシンプルなスニーカーが多かった山根さんですが、最近のダッドスニーカーやハイテクスニーカーの人気で挑戦してみたい気持ちになっているそう。とはいえ「急にカラフルなスニーカーは難しそうだし、やっぱり白がベースが使いやすいそう」と選んだのがこちら。


ダッドスニーカーなら
NEW BALANCE【ニューバランス】


白ベースにブルーとグレーをポイント使いしているニューバランスMS997 HGD。アッパー部分は、スエードとメッシュがMIXされていてスポーティな中にも上品な雰囲気がある一足です。

 
新開発のミッドソールで衝撃吸収性と安定性が抜群によく、あ足に優しい上、ソールが厚めなのでバランスもとりやすい。スニーカー (ソール高3.5cm)¥14900/ニューバランス(アトモス ピンク) ジャケット¥18000/ステートオブマインド(ゲストリスト) ニット¥18000/エストネーション、スカート¥29000/オズマ(エストネーション) ピアス¥36000/シンパシー オブ ソウル(フラッパーズ)

AKIKO'S コメント

いろいろなところで見かけていて、挑戦したいなと思っていたダッドスニーカー。普段あまりなじみのないネオンカラーなどの鮮やかな色より、白を基調にブルーやグレーを使った一足なら、いつもの服にも合わせやすそうです。この足元にボリュームが出る感じだけでも、今まで履いていたスニーカーとは違うバランスを作ってくれるので新鮮でした。慣れないうちはマキシ丈のスカートからチラリとのぞかせるのがよさそう。


ダッドスニーカーなら

これもおすすめ!

白を基調にしたダッドスニーカーならこちらおおすすめ。1999年に発売された「GEL-KAYANO 5 OG」の復刻モデルで、90年代のクラシックなディテールをキープしながらも、軽量化しつつ現代版にアップデート。各スニーカー(ソール高3.5cm)¥14000/アシックス タイガー(アトモス ピンク)

 

白スニーカーをアップデートするなら
A.N.E.W✕Munsingwear【アニュー✕マンシングウェア】


アニューは上質なレザーを使ったスタンダードなデザインのスニーカーを提案する東京発のフットウェアブランド。アニューの定番デザイン「BASIC」が蝶ネクタイをしたペンギンのマークでおなじみマンシングウェア仕様として登場したのがこちら。

 
さりげなくほんの一部にゴールドが使われている以外は真っ白でごくごくシンプルな一足。グリップ性のいいビブラムソールを使用。CLUBHOUSE COLLECTION A.N.E.Wコラボウィメンズスニーカー(ソール高3cm)¥32000/マンシングウェア クラブハウス 銀座

AKIKO'S コメント

使いやすい白スニーカーを新調するなら、これくらい潔くシンプルなものもよさそう。見た目にもわかる上質なレザーは、カジュアルになりすぎず品の良さを感じさせてくれますよね。足にも優しくなじんでくれるので、履いていくうちにさらに履き心地がよくなりそう。

全6回の春のバッグ&靴特集はいかがでしたか?  今シーズンの小物を取り入れるだけで、ぐっとコーディネートの鮮度も上がるはず。ぜひ小物から始めて、春のおしゃれを楽しんでくださいね。

撮影/目黒智子
スタイリスト/滝沢真奈
ヘア&メイク/後藤若菜(ROI)
構成/幸山梨奈

 

<問い合わせ先>
アトモス ピンク tel.03-6434-5485
エストネーション tel. 0120-503-971
ゲストリスト tel. 03-6869-6671
フラッパーズ tel.03-5456-6866
マンシングウェア クラブハウス銀座 tel.03-6228-5963
 

第1回「いま買うならPVCバッグ。夏まで使える流行バッグはこれで決まり!」はこちら>>
第2回「小荷物派が次に買うべきは進化したバケツ型バッグ!」はこちら>>
第3回「around5万円の新お仕事バッグは遊び心のあるスクエアフォルム」はこちら>>
第4回「ストロー、カゴetc.夏素材バッグはきちんと感重視で選びたい!」はこちら>>
第5回「【シューズ編①】チェックすべき今年のパンプス」はこちら>>