昭和34年に皇室に入られてから60年間、人々を励まし、癒し、勇気づけてきた美智子さま。ミモレでは5月のご退位の前日まで、今も色あせることのない、日本女性の美、品格、優雅さ、可憐さ、思いやりの心を体現している装いを振り返ります。
ミモレの『毎日、美智子さま』にて公開中の写真から、今回は美智子さまのトレードマークでもある帽子に注目します。


ご愛用のリボンの帽子でロマンティックスタイル3選

フレッシュな印象のレモンイエローのツーピース。お帽子のリボンとチュールが可憐な印象に。この頃からブローチとパールのネックレスのセットが定番です。昭和37年6月、東京・晴海鉄道博へ。

七分袖の白のツーピースも、リボンのお帽子を合わせることで品と優美さが。手袋もベージュで軽やかに。昭和39年6月、東京・羽田空港でマレーシア国王をお出迎え。

美智子さまのコートの定番の形のひとつ、Aラインのコートにも同じ型のお帽子で。パールとリボン、そしてチュールというまさにロマンティックスタイルのお手本。ピンクベージュで色をまとめられ、優しさも。昭和38年1月、東京・両国国技館で大相撲をご見学。


 麦わら帽子にもベージュのリボンを 

白の軽やかなボウタイ付きコートは、裾がふんわりと広がり袖は五分丈と軽やか。靴もバッグも同じ白でコーディネート。この装いの一番のポイントはお帽子。つばの内側についたベージュのリボンがとてもチャーミングです。昭和38年9月、山口国体にご出席した際にときわ公園をご訪問。


爽やかな白ジャケットにブルーの帽子

めずらしく鮮やかな水色のお帽子が印象的。靴とバッグは落ち着いたネイビーブルーで、バランスを。白と青、ネイビーを基調とされた、清潔感のある爽やかなスタイルです。昭和43年3月、国立博物館にて明治美術展をご鑑賞。

白のダブルのジャケットのクリアなボタンも、ごく淡い水色。


チェックの帽子とインナーを着回すことも

ジャケットをお召しの際、お帽子とインナーを同柄、同素材で揃えられるのが美智子さま流。昭和43年3月、愛知・瀬戸をご視察の際には、モダンなチェックのパターンを濃紺のスーツに合わせられて。箱型のバッグもアクセントに。

上写真と同じお帽子、インナーでも、白のダブルのジャケット&スカートに合わせるとまったく違う印象に。お洋服を上手に着回され大切になさる美智子さまらしい、2パターンのコーディネートです。昭和43年4月、東京・上野西洋美術館でボナール展をご鑑賞に。


写真はすべて、講談社所蔵写真3万枚超から厳選した貴重なカットです。
この企画は弊社写真部のカメラマンが主に1960~1970年代に美智子さまを撮影したお写真で構成されています。キャプションは過去の資料をあたり、敬称・名称・地名・施設名・大会名・催し物名など、その当時のものを使用しています。古い写真が多く、退色・汚損したものは色鮮やかにデジタル化してよみがえらせています。

 


価格 1400円(税抜)
3月7日発売


ミモレでも好評を頂いている連載、「毎日、美智子さま」。
さらにミモレ編集部から、美智子さまの若かりし頃の秘蔵写真と、
日本女性としていつまでも心に留めておきたいお言葉の数々をまとめたカレンダーが発売中。
毎日、毎年使い続けることのできる日めくりタイプ。
お部屋に、机の上に、いつもそばに美智子さまのお心を留めておくことができます。
ご両親や祖父母へのプレゼントにも最適です。

詳細はこちらへ

写真/講談社写真部
構成/片岡千晶、佐々木奈々子