咲子の「母を休んでもいいですか?」の記事を読んでからというもの、ずっと頭の片隅で気になっていました、「母休み」。母親である友人にも聞いてみましたが、「休みたいけれど、遠出をするのは(自分の心情として)難しい」「ひとりで贅沢をしたいわけではないが、とにかくひとりになれる時間と場所が欲しい」などなど。たくさんの意見を聞き、「ふむふむ」と考えておりました。

そこで、遂に、あれ、この宿は「おひとりさま逃避行」=「母休み」に最適なのではないかという宿を都内で見つけました。それは、!

  • JR山手線の大塚駅・北口からすぐ!
  • フロントは4階。ゆったりとした時間が流れるロビーラウンジ。
  • 近所のオフィス勤めの方も仕事をしている。

こちらのホテルは「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」というコンセプトなので、大塚というディープな東京体験を(地元の常連さんが集う居酒屋やバー、スナックなどに連れて行ってくれるんです!)を提供していることで話題ではあるのですが……

なのに、私はあえて勧めたい、“おこもり滞在”を‼!!

ドアを開けた部屋の名前は。そう、天井の高い部屋の中に“櫓(やぐら)”が組まれているかのよう! 
壁にはテレビやハンガー、タオル掛けなど、あらゆる機能を完備させた「仕掛け壁」。

大人の秘密基地のような部屋なのです。大学1年生で上京した時に初めて住んだ部屋のような(ちなみにコチラは1部屋19平米/バス・トイレ別)……なんでしょう、とっても落ち着く!

こちらは、ごろごろできる特大ソファスペース「くつろぎ寝台」。
手前の階段を上ると2階はベッドスペースが。

こちらのお部屋は畳張りなので、入った瞬間に靴を脱ぐスタイル。ゴロゴロするのもベッドの上限定ということもなし(と、考えるとハイハイをするお子様連れの方や女友達同士の宿泊などにもすごく向いていると思うのですがいかがでしょうか?)!!

ちなみに「くつろぎ寝台」は座ってしまえば、天井が低いのも気にならず、逆にコンパクトな感じが、まるで穴倉(?)のようで居心地が最高。だからなのか、妙に集中できる。事実、私、パソコン作業が妙にはかどってしまいました。

階段は「箱階段」に。収納もたっぷり。長期滞在の方の利用が多いのも納得。
2階にはベッドマットが2つ。ソファスペースを使えば、1部屋で3人まで宿泊が可能。


「くつろぎ寝台」の上で、パソコン作業をしようが、読書しようが、テレビを見ようが、荷物を広げようが、軽食を食べようが自由! そうなんです。炬燵に座りながら、すべてに手が届いてしまうかのようなラクチンさ。ラグジュアリーな広々としたホテルの部屋でリラックスするとは違う意味で妙に寛げるんです。

「子供ができてから、家に自分の部屋がない」と嘆いていた友達にすぐにラインをしてしまいました、「あなたのパーソナルスペースは大塚にありましたよ」と。

朝食付きにすれば、名物のポット型のパイ「ヴォロヴァン」を味わうことも。中は、シチュー2種、フルーツ、サラダから選択できます。
私はプレートのモーニングを。ちなみに、こちらのカフェのコーヒーメーカーは日本にまだ8台しか導入されていないものだそう。本当に美味しかった♡


長期滞在の方は自身のものを使われることが多いため、こちらのホテルではルームウェアはレンタル制(200円)。部屋のアメニティも最低限にしていることで、部屋料金自体をできるかぎりおさえているのだそう。

「」を扱う館内にある自動販売機。電子レンジや洗濯機なども完備。


ラグジュアリーなホテル滞在もいいけれど、瞬時に自分の部屋のように振る舞え、学生時代のように(!?)ダラダラと過ごす。普段はなかなかできない怠惰さで、気軽に自分を甘やかてみるのはいかがでしょう(ちなみに、近くにはもありますし、駅まわりに美味しいテイクアウトのお店もたくさん♡)。たとえば、池袋のデパ地下でフードやおやつ、はたまたワインを買って、ひたすら部屋で漫画を読み耽る。そんな日があってもいいですよね?

カフェでアイスカフェラテを買い、部屋に持ちんで、「くつろぎ寝台」の上でパソコン仕事。飽きたら、読書したり、ネットフリックスを観たり、テレビを観たり……、友人に勧めておきながら何ですが私自身がこの穴倉空間にハマッてしまいそう。

今日のお品書き
今後のミモレ運営に反映させるべく、コラボ商品について、そして、イベントについてのアンケートを実施しております。「こんな商品があればいいのに」「こういうイベントだったら行ってみたい」など、忌憚のないご意見をいただければ編集部一同、とっても嬉しいです!