title
5

50代からのおしゃれ学。冬から春の端境期には、ピンクを重ねて

まだまだ寒い日が続いていますが、暗いトーンやモノトーンでまとめがちな冬服の着こなしに、飽きを感じ始めた頃ではないでしょうか? そこで大人世代にこそオススメの端境期の「ピンク」の取り入れ方をご紹介します。

ピンクを小さな面積で~スカーフ編~

50代からのおしゃれ学。冬から春の端境期には、ピンクを重ねてスライダー1_1
50代からのおしゃれ学。冬から春の端境期には、ピンクを重ねてスライダー1_2
50代からのおしゃれ学。冬から春の端境期には、ピンクを重ねてスライダー1_3
50代からのおしゃれ学。冬から春の端境期には、ピンクを重ねてスライダー1_4

冬から春にかけての端境期は、まだ寒いけれど、ダークな色は飽きてるので春らしい色で気分をあげたくなりますよね? その場合はスカーフやストールなどの巻物で取り入れるのが計算いらずで簡単です。顔周りが華やかになるので、小さい面積なのですが、全身に効いてきます。そして、ウールやファーではなく、シルクやコットンなどのオールシーズン使える素材に変えてみましょう。それだけでも春のニュアンスを盛り込むことができます。私は、コットンのタートルネックのカットソーと合わせ、そこに一年中活躍させている刺し子のショートジャケット。そこにシルクコットンのスカーフをザックリと。意外に思うかもしれませんが、コットンは重ねればきちんと温かいんです。冬のおしゃれに飽きたら、まずは明るい色を小物で。そして、冬素材をシルクやコットンにチェンジしてみてはいかがでしょう?

ジャケット#TOWAVASE
パンツ#Le pivot
イヤリング#DOIGT
スニーカー#NIKE

ピンクを大きな面積で~ローブ編~

50代からのおしゃれ学。冬から春の端境期には、ピンクを重ねてスライダー2_1
50代からのおしゃれ学。冬から春の端境期には、ピンクを重ねてスライダー2_2
50代からのおしゃれ学。冬から春の端境期には、ピンクを重ねてスライダー2_3
50代からのおしゃれ学。冬から春の端境期には、ピンクを重ねてスライダー2_4

小物で取り入れる場合より、難易度が高いと思われるかもしれませんが、サラリと羽織ることができる軽やか素材のローブ(ガウン)は、寒暖差のあるこの時期にはとても重宝します。大人世代にオススメなのは、冬のまろやかな日差しに映え、印象も和らいで見えるから。もちろん、顔色が冴え、血色感もアップ。ローブの上からコートを羽織れば、内側からチラリと見えて装いのアクセントに。寒さが緩んだ日に、春物のコートの中に、ぜひ仕込んでみてください。フィーシャピンクはパープルを帯びた(つまり、少し赤みが入った)ネイビーと好相性。それ以外はオフホワイト~ベージュを投入することで、混沌とした印象にならず、自然にまとまりますよ。

ローブ#Le pivot
カットソー#Le pivot
パンツ#RaPPELER
バッグ#zattu
スニーカー#NIKE


【岡本敬子さん刊行記念トークショー】
イベントはすべて事前予約制。詳細は各お店のホームページか、SNSにてチェック!

2/23
岡本仁さんと12年ぶりととなるご夫婦でのトークイベントです
。「仁さんは伝説の雑誌『relax』の編集長でもあられた方で、現在も各方面でご活躍中。お近くにお住まいの方、またとないチャンスですよ。私も駆けつけたい!」(編集部 大森)。

以下、詳細は順次お知らせします!
3/3
3/9
3/10
4/6

 

岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)


流行りのものを追うだけが、お洒落じゃない。着心地が良くて自分が本当に愛せるものを、いつでも気持ちよく身にまとう。そんな大人は、いつだって楽しそうで、かっこいい。ファッション業界にもファンを多数持ち、あこがれの的であるアタッシェ・ドゥ・プレス 岡本敬子さんによる、初のスタイルブックがついに完成しました。天気や日差しによって着るものを決める。色や柄は大胆に使う。小物をピリリと利かせる。動きやすく快適、だけど上品。めくるめく敬子流コーディネートをたっぷり詰め込んで、ページをめくるたび、ファッションがもっと好きになる1冊です。


岡本さんのインタビューはコチラ>>