こんにちは、ミモレの川端です。
今日の東京は雪模様。記録的な寒波が日本列島を襲っているとか。みなさまいかがお過ごしですか。
今日は、酒井順子さんの新刊の発売記念トークショーへ。

引退、改号、世代交代、休業宣言……区切りを自分で決めて、お次の人へ”どうぞ”が、まさに時代のキーワードなのかもしれません。時事ネタを入り口に、さすがな分析と点と点をつなぐ視点。ウェブに溢れるブログと、随筆・エッセイの力量の違いをあらためて見せつけられたようで、感服。胸のすくエッセイです。

酒井順子さんの書き下ろしの新連載「ガラスの50代」もスタート。次回は2月12日公開予定です。今日のトークイベントの模様やインタビューも追ってミモレにアップします!

さてさて、毎週火曜日の夜にお届けしているインスタライブ。「インスタ読書会」は月2回なのですぐに回って来ちゃいますね〜(汗)

次回、2月12日(火)20時〜の「インスタ読書会」のテーマは、
「繊細さん、どうぞ!」にしたいと思います。(バタやん、めちゃタイトル、パクッとるやん! あいや、これは、オマージュ……。酒井先生の絶妙なタイトルへ敬意を込めたコール&レスポンスです・汗)

「気がつきすぎて疲れる」人が気持ちがラクになる本をご紹介したいと思います。
 
HSP(とても敏感な人)専門カウンセラーとして活躍する武田友紀さんの著書を中心にお話しします。
最近読んだこちらの本、
や批判に強くなる処世術を書いた『』などもご紹介したいと思います。
「私もしかして繊細さんかも」という方も、かつてそうだった方も、家族や周りの人に繊細さんで生きづらそうな人がいる方も、コメントをお寄せいただけたら嬉しいです。

 SNSやコメントつきのネットニュースが広がって、誰かが誰かを非難・批判(論理的なものから、罵詈雑言、クソリプも含め)しているのを目にする機会が多くなった気がします。刃が自分に向いていなかったとしても、ダメージが小さく小さく蓄積しているように感じるのです。

自分の心を守る方法や、批判と向き合う処方箋を学校では教えてくれない、、、。不寛容なこの社会を心穏やかに過ごせるよう、ちょっとした”かわし”のテクニックなどをみなさんとシェアできたら嬉しいです。

もともとインスタ読書会を始めたのも、イベントに参加するのは気が重い(何を着ようとか……)、読書は好きだけど、読書好きさんと集まるのは緊張するという方にも(私がまさにそうなのです……)ネット上のコメントやいいねなら気楽に参加できるかな〜(退出・離脱も自由だし)と思ったからなんです。いつでも、だれでも、どこからでも、どうぞ!♡という気持ちを込めて。

ではでは、火曜日の夜に。