しばらく前、微生物に関する動画を数多く投稿しているジェームズさんが公開した単細胞生物が「死」を迎える瞬間の動画がSNS上をかけめぐりました。

 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

This is a single-celled organism in the genus Blepharisma and it is dying 💀🥀. I don't find them in my samples often, they usually have pinkish color and they are photophobic it means when the light levels are increased they will try to swim to the darkened areas. If they are exposed to light or starved, they will lose their pinkish color and will look like this one in the video, also strong light can even kill the colored ones. I don't know why this one died but how it dissolves to nothingness just broke my heart. Big or small, life is fragile. 😔 I am uploading a longer version of it to my YouTube account. Thank you for watching! ❤️ . . . 200, freshwater. Feel free to repost with credits. You can support me on Patreon, link is on my profile. 🌺 Please check my YouTube: Jam's Germs . . . #science #unicellular #pondlife #veterinary #zoology #ecology #biotechnology #microscope #molecularbiology #scientist #algae #animal #biology #microbiology #parasitology #pink #genetics #chemistry #botany #wildlife #virology #cell #evolution #macro #mycology #death #work #laboratory #microbiologia #education

Jam's Germsさん(@jam_and_germs)がシェアした投稿 -


寂しい、切ない、美しい、儚い、すごい……この1分間の動画を閲覧した世界中の方々がたくさんの思いとともにシェアしました。

映像のキャプションには、「なぜ死んでしまったのかはわかりませんが、境界線が溶けて無に向かっていく姿を見ててなんだか悲しくなりました。大きくても小さくても、命は儚い…」というジェームズさんのコメントが添えられています。

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

私は、方丈記の一節を思い出しました。端的に言うと、無常観……かな。

映像を見て、皆様は何を思いましたか? このような問いに絶対的正解はあるわけではありません。が、「こういうことを思う人間なんだな」と今の自分の有り様を鏡で覗いているかのようで、そんな時間が私は結構好きです。

今日のお品書き
松井陽子さん山根亜希子さんさかいもゆるさんに続き、「今日のコーデ」のニューエントリー最後を飾るのは、ブロガーの辻川舞さん! 松井さんに続き、辻川さんもユニクロのボアスエット・パンツの着こなしを。ただの「あったか部屋着」から脱するためのスタイリング術、とっても参考になります♪