最先端のトレンドを着こなし、ファッションウィークで注目を浴びるファッショニスタ。その中から、元ロシア版「ハーパース・バザー」のエディターで企業家のMiroslava Duma(ミロスラヴァ・デュマ)に注目!身長155cmと小柄ながら、抜群のバランス感覚で様々なテイストのファッションを着こなす彼女。この冬参考にしたい、フェミニンでモードな着こなしテクニックをピンタレストからピックアップしました!

1.アウターは袖を通さず肩に掛けて軽さを演出


いかにもコンサバになりそうな着こなしも、肩かけ効果でこなれた雰囲気。

クラシカルなツィードジャケットもボーダーとショートパンツで軽やかに。

インパクト強めなコートにも負けない肩かけテク。おしゃれ上級者感が際立ちます!


★こちらがおすすめ!

  • ¥68000/チノ(ELLE SHOP)
  • ¥45000/ウィム ガゼット(ELLE SHOP)
  • ¥62300/アウラ(ELLE SHOP)



2.ビッグアウターもワントーンですっきりまとめる


小柄さんは敬遠しがちなロングコートも、全身ワントーンにまとめてバランス良く。

シルエットが特徴的なポンチョも、バッグやシューズの色味を抑えると上品に仕上がります。


★こちらがおすすめ!

  • ¥62000/ナゴンスタンス(ELLE SHOP)
  • ¥96000/アドーア(ELLE SHOP)
  • ¥132000/マディソンブルー(ELLE SHOP)

 

3.コンサバなパンツスーツをレディに着こなす



シャツもシースルー素材にすることでフェミニンさをプラス。

インナーにヌードベージュを合わせるだけで、女っぽさがグッとアップ!

トラッドなパンツスーツの装いも、クロップト丈にヒールを合わせたり、袖をまくったり適度に肌見せを。


★こちらがおすすめ!

  • ¥16800/エリオポール(ELLE SHOP)
  • ¥9000/エリオポール(ELLE SHOP)
  • ¥25200/ブルックス ブラザーズ(ELLE SHOP)


いかがでしたでしょうか?
一見派手?と思うような色や柄も、ビッグシルエットも、着られている感が出ないのはさすが!そこには、ワントーンカラーにまとめたり、部分的に肌見せしたりと、取り入れやすいワンポイントテクニックが満載でした。何より彼女の着こなしを見ていると、コンプレックスをカバーしながらも、色々なテイストのファッションを楽しんでいるのが伝わります!
ニューイヤーの始まりに、新しいファッションにトライしてみるのも良いかもしれませんね!

もチェック!
ミモレエディターのお気に入り写真やミモレ掲載スナップ、大草直子ディレクターのバックナンバーも。ぜひフォローしてくださいね。