数年前のクリスマス直前にとっても素敵なご夫婦から戴いて以降、特別な存在となったシカゴ発の高級チョコレート。この二人の姿を見て「こんな60代になりたい」と憧れた日のことを、毎年この時期が来ると思い出します。

”チョコレートで世界を旅する”をコンセプトに作られるVosgesのチョコレートは、どれも他に類を見ない個性溢れるフレーバーばかり。創業者のカトリーナさんが、様々な国を旅する中で出会ったスパイスや素材を使用。レシピを見ていると、まだ食べたことのない食材が世界中には沢山あるんだとワクワクします。

そして今年は、を自分へのご褒美に購入。シグニチャーカラーのパープルに、ユニコーンやライオンなどのチャームが着いたボックスはホリデーシーズン限定コレクション。フランス、アジャン産ドライプルーン、ブランデー アルマニャック・ド・モンタル、オレンジブロッサムウォーター、ハイビスカスパウダーをダークチョコレートに加えた『マダム・プラムアルマニャック』。サワークリームやレーズン、ビーポーレンとジャマイカのラム アプルトンなどをビターホワイトチョコレートと混ぜ合わせた『コンテスラムレーズン』など、どれもこれもグルメなレシピ。

リーフレットには、オリジナルの物語と共に各チョコレートの魅力が綴られています。

以前にはNYにもブティックがあり、ご存知の方も多いと思いますが、私はアメリカンチョコレートの中ではVosgesが一番好きです。現在、実店舗はシカゴのみ。その他の購入方法はオンラインのみとなりますが、チョコレートバーはやなどでも買えます。初めてなら、まずはベーコンバーを是非! スモーキーで程よい塩味のベーコンと、甘すぎない濃厚な口当たりのチョコレートが絶妙に調和。お酒と共に味わって頂きたい大人のためのチョコレート。

 

ちょっと良いものを普段使いしつつ、とっておきのシーンを祝う時にはとびきりのものを選ぶ。少しずつ楽しむという喜びを改めて感じさせてくれる、ミモレ世代にぴったりのプレシャスな一品です。