忘年会や新年会、お正月のごちそうなど食べたり飲んだりすることが多い年末年始。しかし食べる割に運動をしないのでからだは重くなる一方……。そんな「正月太り」は早めにリセットをしたいものですね。そこで、からだのリズムに合わせて朝と夜の食習慣を改善し、やせやすい体質をつくるメソッドを紹介した書籍から、短期間で結果を出したい方におすすめのプログラムを紹介します。


デトックス&脂肪燃焼の2ステップで痩せる「短期集中プログラム」


短期間で痩せたいときや、なかなか体重が落ちないという場合におすすめなのが、2週間の短期集中プログラム。最初の2日間でデトックスをして体内環境を改善し、残りの12日間で脂肪を効率よく燃焼します。
最初の2日間は3食ともデトックスジュースに置きかえます。本来、働きが低下した内臓などを休ませてデトックスするには3日間が必要といわれますが、仕事の都合などでジュースだけの生活を3日間続けることは不可能な場合も多いはず。
効果は多少下がりますが、週末などを利用して2日間、各器官にしっかり休息を与えましょう。体内に蓄積された毒素や有害物質が排出され、残り12日間の脂肪燃焼を促すことができます。12日間の脂肪燃焼期は、朝はジュース、夜はスープ、昼は消化のよいものなら、好きなものを食べてもOK! その後の復食期には、リセットしたからだに負担をかけないように、野菜スープにおかゆを添えるなど、少しずつ食べる量を増やしていけばリバウンドの心配はありません。

【基本のルール】
●お腹いっぱいになるまで何杯飲んでもOK

満腹になれば、精神的にも満たされるので、空腹の反動による暴飲暴食や早食いの心配がありません。イライラするときは、ハーブティーがおすすめです。

●まずは1週間を目標に続けてみる
朝ジュースや夜スープになじみのない人やストレスを感じる場合は、まずは1週間を目標に続けてみてください。その期間に体内の毒素や老廃物が排出され、やせる準備が整います。

●脂肪燃焼期の昼食は好きなものを自由に
ランチの楽しみがあると、ダイエット期間を無理なく乗り切れます。朝と夜の食事では摂りにくい、たんぱく質などの栄養を補うことを心がけましょう。
 

【短期集中プログラム スケジュール】

 

▲デトックス期(最初の2日間) ジュースのみの食事で酵素、ビタミン、ミネラルを補給。消化器を休め、体内環境を改善。 ※基本のにんじんジュースは必ず1日1回飲む。昼か夜でもよい。

 

▲脂肪燃焼期(残り12日間) 朝ジュースと夜スープでからだに必要な栄養素を効率よく補いながら脂肪を燃やす。

 

▲復食期 1~2週間を目安に、夜は野菜スープ、お粥(茶わん1/2以下)など、消化の良い食事で胃腸をならす。
 

デトックスジュースの作り方
【デトックスの定番 基本の人参ジュース】

 

 材料 

・にんじん……小1本(100g)
・りんご……1/2個(100g)
・水……50ml
・レモンの絞り汁……少々
・好みでしょうがのすりおろし……1/2かけ分(5g)

 作り方

1.にんじん、りんごは一口大に切る。
2.しょうが以外の材料をミキサーに入れ、なめらかな液状になるまで攪拌する。
3.2を器に注ぎ、しょうがを加えて混ぜる。
◎オリーブオイルなどを少々加えると、にんじんの栄養の吸収がよくなる。

【デトックスジュース ピュア大根】

 

ごくごく飲める大根ジュース。肝臓の解毒作用を強化する大根と疲労回復効果のある酢のダブルパワーで体内浄化。

 材料 

・大根……4cm(100g)
・水……100ml
・りんご酢……大さじ1
・はちみつ……大さじ1

 作り方 

1.大根は皮をむいて一口大に切り、分量の水とともにミキサーに入れ、さらりとした液状になるまで攪拌する。
2.器にりんご酢、はちみつ、①を入れてよく混ぜる。

 

2週間、集中してからだの中をリセットすれば、今月の末には変化を実感できるはず!
その他のジュース、スープのレシピはこちらからもご覧いただけます。


藤井 香江(フジイ カエ)

40代から美しくやせる! 簡単ダイエットの専門家。
半年間で20㎏のダイエットに成功し20年以上キープ。ジュースやスープによる独自の食事法を開発し、二度と太らない体質と健康を維持。食べても飲んでもやせる!リバウンドなし! 簡単メソッドが男女年齢問わず好評。
「毎日の暮らしをラクにする」をテーマに雑誌やWEB連載、テレビ・ラジオなど、多方面で活躍中。
著書は『』『』(ともに講談社)、『』(主婦の友社)など、累計36万部を超える。

 

著者 藤井 香江 講談社 1200円(税別)


「朝ジュースダイエット」で20kgの減量に成功した著者が、朝ジュースとともに実践しているのが「夜スープ」。現代の食生活で不足しがちな野菜とフルーツの栄養を「朝ジュース」と「夜スープ」でたっぷり摂ることで、「やせやすい体質」をつくることができるのです。朝は酵素たっぷりの生ジュース。消化に負担をかけず酵素を補うジュースで排泄を促します。夜は具だくさんの野菜スープ。やせるために必要な栄養素を摂り、さらに代謝を高めます。朝ジュースには使いにくい、にんにくや赤唐辛子、ねぎ類など、脂肪燃焼効果の高い食材を摂れるのも、夜スープのメリット。朝ジュースと夜ジュースを両方実践することで、相乗効果によって効率よく「やせるからだ」になれるのです。何をしてもなかなかやせない、ダイエットが長続きしない、という人も、「朝ジュース×夜スープ」で、今度こそ「やせるからだ」を手に入れましょう!

『朝ジュース×夜スープダイエット』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。

構成/生活文化編集チーム
写真/青砥茂樹(講談社)

出典元:

・第1回「著者は半年で-20kg!健康的に痩せる「朝ジュース×夜スープ」ダイエット」はこちら>>
・第2回「デトックス&脂肪燃焼でダイエット!腸の老廃物を出すスープとジュース」はこちら>>
・第3回「栄養不足が痩せられない原因だった!脂肪燃焼レシピ&食材選びのコツ」はこちら>>
・第5回「痩せない原因は腸の汚れと栄養不足?! 飲む点滴「甘酒」のダイエットレシピ」はこちら>>