スタイリスト、ミモレコンセプトディレクターの大草直子が着こなしのアイデアや日々の思いを綴ります。

暖冬暖冬と言われていますが、その通り。桜が間違えて咲いてしまったり、もわかりますね。このコラムも通勤の電車で書いていますが、昨日の20℃ちかくあった感覚で家を出てしまった薄着のお嬢さんが、さすがに寒そうにしていて、声を掛けたくなってしまいました。スマホでも天気予報チェックできるよ、と。

さて、本題です。

とは言っても、このまま春になるわけもなく。冬のワードローブは、3月頭までは続きます。できるだけ飽きないように、いつもフレッシュな気持ちでいられるように。そう、関係をマンネリ化させたくないカップルのように、対処法を考えてみました。

カゴバッグや白のシャツが王道のソリューションだとすると、今年は、こんな新三種の神器が。

1.白バッグ

白のブーティやパンプスが流行していますが、私にはハードルが高すぎる。ボトムとこんなにコントラストがついていて大丈夫かな。タイツやソックスはどうしたらよいんだっけ。と考え始めると、なかなか手を出せません。ただ、あのスポーティ感や軽やかさ、モード感は取り入れないわけにはいきません。代替案ではありませんが、白のバッグが有効! 靴ほど汚れも気にならないし、エコバッグにはないきちんと感も。何色の着こなしにもとにかく合ってくれるのがすごい。この日も、ダークカラーのバッグで家を出ようとして、そのマダム感が気分ではなくて、バッグを白にチェンジしました。

2.肌見せニット

冬は肌を隠す、が定番。そりゃあそうです。寒いんだから(笑)。タートルニットにフルレングスのパンツ。ショートブーツ、手袋、さらにマキシ丈コート。出ているのは顔の肌だけ、なんてことも。風邪をひかないことが大事なのですが、やっぱり肌の生っぽさ、生命力はどこかに生かしたい。デコルテや背中。ほんの少し見えるだけで違います。暖かな室内では、このくらいが気持ち良いときもありますね!

3.レース

2の肌見せニットと似ていますが、ほのかに透ける肌の質感が欲しいのと、繊細さがなくなる冬のレイヤードに、壊れやすい華奢さをプラスしたくて。厚手のニットのインナーをレースのキャミソールにしたり、スカートの裾に取り入れたり。ほんの少し見えるだけで良いんです。冬のおしゃれが、間違いなく女のそれになります。


週末は東京も寒いみたい。
気持ちも体調も崩さないようにしましょうね。

大草 直子

白のバッグイコール夏? ではありません!素材や色が重くなる季節だからこそ、この軽さ、明るさが必要。どんな色とも相性抜群!
足元のほんの少しのレース。肌の透け具合がパーフェクト。もちろんタイツを合わせても。

前から見ると、こんな感じのベーシックなプルオーバー。大好きなジュエリーデザイナーMizuki、エストネーションの蘭子にも褒められました!
夜のご飯。下着が見えないギリギリのVが、寒くもなく笑笑、肌の明るさをアピールしてくれます。/ナノユニバース