先日、河口湖の近くにある星野リゾートのグランピング施設「」に、主人の友人ファミリーと一緒に旅してきました。子どもと一緒に自然を楽しみたい、だけど、いきなり本格派なキャンプはちょっとハードルが高すぎる・・・というキャンプ初心者のわが家にとって、グランピング=グラマラスなキャンプという、実は諸々用意が整っていてキャンプの楽しいところだけを味わえるコンセプトはとても魅力的でした。

 

お部屋はモダンなホテルの離れな雰囲気でクリーンにして温度管理も完璧(ベランダにソファベッドが用意されていて、夜になるとガスの暖炉に火が灯るのもステキ)、食事もカジュアルながら工夫が凝らされたコースが楽しめ、子どももウェルカムな環境はファミリーにも安心。お茶やコーヒー、軽いおつまみやお菓子が用意された山小屋風のラウンジには、小さなキャンプファイヤーがあって、知らない人同士が火を囲んで楽しそうにおしゃべりしていました。

 
 
 

本格キャンプ派にはきっとちょっと物足りないけれど、キャンプ風味のステキなホテル滞在を楽しむには抜群のさじ加減。

そこで用意されていたお茶やお菓子がちょっと気が利いていて、これからの季節、誰かが遊びに来たときの簡単なおもてなしに応用できたらちょっと喜んでもらえそうと思ったので、ご紹介します!

その1
スパイスティー

 

お家で楽しむなら、透明なティーポットにシナモンスティック、カルダモン、クローブ、スターアニスとオレンジのスライスを1-2枚。それとティーパックを入れておき、お湯を注ぎます。

いつもの紅茶にスパイスが加わるだけなのに、深みと華やかさが加わってちょっと特別なおいしさ。

スパイス類は粉ではなくホールのものを。シナモン1本、カルダモン1-2粒、クローブ2個、スターアニス1個をセットにして用意しておくと、スパイスティーだけでなく、ホットワインや料理などにも使えて重宝します。

その2
スモアサンド

 

「星のや富士」では小さなキャンプファイヤーのためにマシュマロと木の枝が用意されていました。

枝にマシュマロをさして炎で香ばしく炙るスモアは、まさにキャンプのお楽しみ。

おうちでは、大きなお皿の真ん中に少し余裕のある耐熱容器にキャンドルウォーマー用の小さなキャンドルをセット。その周りに大きめのマシュマロとグラハムビスケット、ドライフルーツやナッツ、竹串を用意します。

竹串にマシュマロをさしてキャンドルの炎で軽く炙り、シュワっと焦げ目がついたらグラハムビスケットではさみます。一緒にドライフルーツやナッツをはさむと食感が加わってさらにおいしい!

テーブル上で炎を扱うので火傷や火事などには十分な注意が必要ですが、エンタテインメント感も加わってきっと盛り上がるはず。
クリスマスなどにもいいかも!

炎やスパイスのある食卓は今の時期ならではの楽しみ方なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!