お友達との赤坂での待ち合わせの前に少し時間があったので、ずっとずっと伺いたかった「とらや赤坂店」へ!!超人気ブロガーの山根亜希子ちゃまが開店まもなくに行かれており、いいなぁ羨ましいなぁって思っていました。やっと念願が叶っての訪問です。

駐車場からお店に入るお玄関にひっそりと飾られていました。素敵。

建て替えの前も、駐車場には優しく誘導してくださるおじさまがおられましたが、新しいお店には素晴らしく停めやすい立派な駐車場が併設されていました。そしておじさまがたもそのまま変わらずに。

大正時代の絵図帳のデザインから実際のお菓子が作られます。見本が置いてあるのでとても勉強になります。
お店の1階の自動販売機でこのYokan a la carteが手に入ります!すごく斬新な発想!(私の場合、小型羊羹をぺろりなのでちょっと小さすぎ…)

かなり前のブログでも”とらやのオートクチュール菓子”のことを書かせていただきました。お誂えは以前は赤坂店の1階→建て替え中は元赤坂店→そして新店舗では2階の売り場で訊いてくださることになりました!お誂えの機会が楽しみでなりません♡今回は茶寮には立ち寄ることができず(だってお友達とランチの約束をしていたので…)地下のギャラリーで「とらやの羊羹デザイン展」を急ぎ足で拝見しました。展示室担当のおばさまからいろいろなお話を伺い、日本の御菓子文化とも言えるとらやさんの歴史にほぉぉ♡はぁぁ♡とため息の連発でした。

解説に心を動かされ、日本の美しさは実は心の眼で感じるものなのではないかしらと思いました。

とらやといえば「夜の梅」。ディスプレイされたご本にはその謂れが丁寧に説明されていました。お茶の世界でも日本舞踊の世界でも、”見立て”は常に頭の中においてあり、そして手の届くところにあります。まさに日本の伝統文化!日本人の心だと思いました。

可愛く覗く蒸す前のお饅頭ちゃん。
ほかほか蒸したてのお饅頭ちゃん。あんこも皮も絶品すぎます!

本日のお土産は…虎屋饅頭!箱を開けるとふわっとお酒の香りが漂います。お店で受け取った時は作りたてでほんわりあたたかかったのですが(もう一度、ランチ前だったのです…)お家で温め直して美味しくいただきました。この酒饅頭は寒い時季だけの限定品!それを言い訳に、今シーズンいくついただくのかな〜?笑


まるで冬眠準備。食べてばかりのです。