先日、ミモレ編集部員の間でも大人気ののインナーを購入しました。部員が書いてるのを私も読んでいて、ずっと気にはなっていたのですが、試着してみるとその肌触り、ボディラインの美しさ、締め付け感のない着心地はやっぱり違います。

私はシェルフロントのタイプをチョイス。Vネックのニットや、胸のあきが深いシャツなど、こちらの下着を合わせれば、見えてしまって恥ずかしい、ということもありません。
また肩のストラップも繊細で見えてしまっても問題なし。透けるタイプのトップスの下にもこれを着ればOK。とにかくあらゆる点で“ストレスフリー”なインナーなのです。

¥21600(税込) 写真はグレーです。ほかにベージュ、ネイビー、ブラックや限定色もあります。

カスカのデザイナーでスタイリストの安野ともこさんが、何年も何年も構想を温めていたデザインだそう。「ご縁があって、素晴らしい素材で下着を作っているメーカーさんに出会え、実現した」とのことで、こだわりが満載。とにかくリピータが多い、というのにも納得です。

ボンディングテープを使った裾は、下着がアウターに響かないように、という配慮だそう。体にフィットするようにカーブを描いたラインになっています。テープが剥がれないよう、洗濯は手洗いで。
こちらのインナーの一番の特徴がこのシークレットアジャスター。なりたい胸の高さに合わせて調整します。内側についているのが下着っぽく見えない要因です。
ワイヤーが入っていることを感じさせないくらい、優しい肌あたりのカップ。安野さんいわく、パットを外してつけるのも「いかにも胸を強調しています」というようにならないのでおすすめだそう。飛行機の移動など、もっとリラックスして身に付けたいときは、布の端を切ってワイヤーを外してしまっても大丈夫だとか。
インナーについているリーフレットには、作っている方のお名前も。1人1枚、手でミシンを使って縫っている、そのこだわりと品質への自信の表れに驚きました。

ご高齢の方もリピーターが多いと伺い、母へのプレゼントにもぴったりだな、と思いました。
気になる方は、スタイリストの室井さん鈴木さん川良センパイブロガーの水野さんの記事もご覧ください!

そして、子供に頂いて、私が使っちゃおうかな、と思っているのが、のバッグです。子供にはつい、子供向けのものを、となってしまいがちですが、こういうプレゼントは長く愛用できるので、ありがたいです。

折りたたむとコンパクトになる  ハンドバッグ 。カスタマイズして頂き、蓋の部分に子供の名前が刻印されています。サイズはSサイズです。バッグの大きさ、ハンドルの長さ、ファスナーの金具なども選べるようです。

調べてみると、色の選択肢もかなりあり、刺繍、名前の刻印……など、完全にオリジナルのバッグが作れるそうです。知らなかった!

エッフェル塔の刺繍ですが、イラスト、イニシャルと、お好みの刺繍を選べるとか。ハート、パイナップル、鳥、クローバー、バレエシューズ、テニス、などあるようです。蓋の部分に子供の名前の刻印がありました。
iPadが入る大きさなので、普段のサブバックとしても重宝しそうです。(私のものではないのですが苦笑)

これからプレゼントを贈るタイミングが増えてくるシーズンですが、インナーもバッグもぴったりだな、と思いました。長く愛用できる、上質なものを。探す方も楽しいですし、もらう方も嬉しいですよね。

これまで紹介したアイテム一覧を見る