保存ができて、下ごしらえなどの手間がなく、味も栄養も優れている缶詰。価格も安定しているため、節約したい時にも大いに役立ちます。
今回は、の巻頭特集で缶詰レシピを教えてくださった、料理家の瀬尾幸子先生に「さばグラタン」の作り方を教えていただきました。

さばグラタン


味つけいらずであっという間に完成。チーズがさばのくさみを消してくれます。

 材料(2人分)

・さば味つけ缶……1缶
・玉葱……1/2個(100g)
・ピザチーズ……40g
・粗びき黒こしょう……適量

 作り方 

1. さば缶は缶汁をきり、粗くほぐす。缶汁大さじ1はとっておく。
2. 玉葱は薄切りにして耐熱皿に敷き、缶汁をかける。さば、チーズを順にのせる。
3. トースターでチーズに焦げ目がつくまで焼き、胡椒をふる。


さば缶は「おいしく下ごしらえされたさば」と考えれば、和に洋にと用途が広がります。青背魚特有のくさみが気になるなら、スパイスや香味野菜を使ったり、においを消す効果があるチーズと合わせたりするとよいでしょう。(瀬尾先生)



瀬尾 幸子(セオ ユキコ)
料理研究家 実用的でシンプルで、おいしいレシピに定評がある。著者は『』(学研プラス)『』(新星出版社)など多数。
 

 

編集/講談社 900円(税別)
 

69年目を迎える2019年版も「一生続けたい」と長年愛用しているファンの期待を裏切らない内容で刊行します。形はそのままで、時代の流れを反映した記事を多数盛り込んでいます。豪華人気料理家陣12人によるレシピと献立例は、毎日のごはん作りにも重宝。
健康・経済・暮らしまわりの豆知識なども、より充実した内容となっている2019年版。

『講談社版 2019お料理家計簿』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。

構成/相場美香(講談社) 写真/斎藤浩(講談社)
 

出典元:

・第1回「お金、食、健康情報も! 愛用され続けて約70年、愛される「家計簿」の理由」はこちら>>
・第2回「なじみの「車麩」も、おもてなし料理に!」はこちら>>
・第3回「骨を強くするために、オムレツでカルシウムを摂取するレシピ」はこちら>>