title
6

40代男性の正しいジャケパンスタイルって?

前回、イメージングディレクターの髙橋みどりさんの手にかかり、ビシッとかっこいいスーツスタイルに変身したミモレのブランドマネージャーのスギやん。今回は、3回目の記事でギータも変身させていただいた“ジャケパン”スタイルにトライします。ギータ世代とは違う、40代ならではの“ジャケパン”にご注目ください!

 

Fashion Data ミモレ編集部 ブランドマネージャー 杉山 歩(44歳)
ジャケット/ブルックス
ブラザーズ パンツ/ユニクロ
「スーツを着なくてよい日は、チノパンやニット素材のネクタイで、少しカジュアル感を出しました。写真に撮られた姿を改めて見てみると、1日動き回ったあとのパンツは、シワシワでしたね…」


“ジャケパン”にもきれいめと、カジュアルめなスタイルがあります

 

ギータくんのときにも紹介しましたが、改めて“ジャケパン”スタイルについて復習をしましょう。“ジャケパン”とは、スーツを着なくてもよいシーンで着る、ジャケットとパンツを組み合わせたコーディネートのことです。“ジャケパン”とひと口でいっても、そのコーディネートはさまざまです。今回のスタイリングをしている“バーニーズ ニューヨーク六本木店”の店内にあるトルソーの“ジャケパン”スタイルを見てみましょう。向かって左側は、少しカジュアル感のある“ジャケパン”スタイル。ノーネクタイでリラックス感がありますよね。向かって右側は、オフィス向けのかっちりとした“ジャケパン”スタイルです。ネクタイはもちろんのこと、ネイビー×グレーの配色で落ち着いた雰囲気に仕上がっています。このように、選ぶアイテムや、組み合わせ方によって多くのシーンで着用することができます」

 

「スギやんさんの場合は、40代で部次長という役職もありますから、いくら会う方が社内の方や、気心の知れた方ばかりという日でも、品格が保てる“ジャケパン”スタイルがよいと思います。もし急な来客があっても、慌てることなく対応できるのもいいですよね」

 

ダブルブレストのジャケットは、大人の貫禄と今っぽさが両方叶うアイテム

ジャケット¥120000/ラルディーニ、シャツ¥14000、タイ¥12000/バーニーズ ニューヨーク、パンツ¥36000/インコテックス(バーニーズ ニューヨーク六本木店)

「スギやんさんにおすすめしたいのは、ダブルブレストのジャケットです。ダブルブレストは、今年、旬なデザイン。レディースファッションでも注目が集まっていますよね。シングルのテーラードジャケットより生地の重なりも多いので、スギやんさんのBEFOREの写真のように、前ボタンを留めたときに、お腹周りが苦しそうに見えることもないと思います。お腹回りに無駄なシワが出ていないだけで、ボディラインもすっきりしたように見えませんか? そして、ダブルブレストのジャケットのクラシカル感が、役職相応の佇まい、男らしさも演出してくれます」

 

40代の“ジャケパン”スタイルには、ダークブラウンの靴がおすすめ!

シューズ(手前・中)¥38000/バーニーズ ニューヨーク、シューズ(奥)¥48000/ウィリアム クライン(バーニーズ ニューヨーク六本木店)

ギータくんの“ジャケパン”スタイルでは、明るめのブラウンで遊びを加えても…と提案しましたが、それはギータくんが20代だからこそ。40代となると話は別です。もし足元が真っ黒では重く見えるときにおすすめしたいのが、ダークブラウンの靴。明るいブラウンより落ち着いていてシックに見えるのに加えて、ネイビー、グレー、ブラウンなど、どんな色の洋服とも合わせやすくて便利なんです。上の写真でいうと、いちばん手前がダークブラウン。真ん中が明るめのブラウン、奥が黒です」

 

\ついに完成! 新生スギやんの“ジャケパン”スタイル/

ジャケット¥120000/ラルディーニ、シャツ¥14000、タイ¥12000、シューズ¥26000/バーニーズ ニューヨーク、パンツ¥36000/インコテックス(バーニーズ ニューヨーク六本木店)

「ネイビーのダブルブレストのジャケットに、ブラウンのパンツを合わせました。ビフォアのスギやんさんは、ボトムにチノパンを選ばれていましたが、それではくだけすぎていたので、少し起毛感のあるセンタープレスのパンツを選んで、きちんと見えるように。ブラウンのパンツは、上品なネイビーの色味を引き立てながら、スポーティで活動的な印象を加えてくれますよ」

 

スギやんのヘアを手がけた井上さんのサロンはこちら!

表参道にあるヘアサロン。ヘアだけでなく、スキンケアやメイク、カラーコーディネートなど、多面的なアプローチをしてくれる。

髙橋さんがスギやんのスタイリングを行ったお店はこちら!

もともとスーツで創業したお店だけに、オリジナルスーツのクオリティの高さ、スーツブランドのバリエーションの豊富さには定評がある。1990年、バーニーズ ニューヨークが日本進出するときに、髙橋みどりさんがバーニーズ ジャパン宣伝部ジェネラルマネージャーに就任。髙橋さんとは深い繋がりがあるブランド。


【お問い合わせ先】
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター tel. 0120-137-007

PROFILE 髙橋みどりさん

株式会社Oens(オーエンス)代表、兼イメージングディレクター。テレビ朝日のファッションレポーターを経験後、ジュンアシダ、メルローズを経て、1990年のバーニーズ ニューヨーク日本進出に伴い、バーニーズ ジャパン宣伝部ジェネラルマネージャーに就任。その後、ジョルジオ アルマーニ ジャパン広報室長を経て、2000年にスペシャリティストア、エストネーションを立ち上げる。
2005年6月にを設立。人、企業、ブランドを応援したいという思いから、ブランドのPR、マーケティング、商品・店舗活用プロデュースだけでなく、原稿執筆、セミナー講師、女性誌や情報誌などさまざまな媒体にも登場するなど、活躍の場を広げている。
また、百貨店・専門店等のMD戦略アドバイザーとして「楽しい売り場づくり」を応援。ブランディングの依頼も多く、これまでの経験を活かした多角的な取り組みが成果をあげている。


撮影/中田陽子(MAETTICO)
ヘア/井上邦夫(FRANZ by adjuvant)
スタイリング補助/小出エリ(Balata)
出演・スタイリング/髙橋みどり
構成/高橋香奈子


・第1回「メンズファッションの基本的なルールってありますか?」はこちら>>
・第2回「20代、30代の男性が、新卒者とは差をつけつつ、仕事で成功するには?」はこちら>>
・第3回「スーツほどかしこまらなくてよい日に、おしゃれ感を出しつつ、きちんと見えるスタイルって?」はこちら>>
・第4回「20代、30代の男性にちょうどいい休日服って?」はこちら>>
・第5回「役職のある40代男性が仕事でより成功する為のスーツの着こなしとは?」はこちら>>
・第7回「気になる白髪や肌のくすみ…40代からの男性を元気に見せる休日ファッション」はこちら>>
・第8回「20代なら20万円台。40代なら40万円台。働く男性の賢い時計のプライスと選び方」はこちら>>