皆さん、こんにちは! 昨年、大草コンセプトディレクター監修のもと製作した「ナチュラルビューティー」とのコラボアイテムは、日本伝統の米沢織の生地を使用したこともあり、大きな話題となりました。そして今回、その第二弾をスタートすることが決定しました! ディレクターにスタイリストの望月律子さんを迎え、ロングシーズン楽しめるコートを作りました。今日は、その舞台裏をお届けしますね!


コラボレーションへの道のり その1
素材となる米沢織の生地のベースをセレクト


まずは、コートの素材となる米沢織の生地を決定することから始めました。今後のイメージを決定づける選択となるため、望月さんの眼差しは真剣そのもの。

 

スタートしたのはまだ猛暑の頃でした(遠い目…)。ズラリと並ぶ圧巻の生地サンプルを端から端までくまなくチェック。こんなにたくさんのサンプルがあるのに、ピックアップするのに要した時間はほんの数分。望月さんの審美眼が光ます。

望月さんがピックアップしたのは、5種類の生地。特に興味を示したのは、一番右のツイーディーなもの。

「ツイードは今季トレンドでもありますし、こうやってたくさんの色が入っていると意外と合わせやすいんです。このままだと和な雰囲気が強いですよね。この織りの雰囲気は生かして、もう少しピンクとかカーキっぽさを強く出していただき、くすみパステル系の印象にすることはできますか?」、「袖口やポケットにフリンジをつけてもいいかも」と、どんどん質問やアイデアが溢れ出す望月さん。どうやらこの時点で、すでにイメージが膨らんでいる模様。

このプロジェクトは、米沢市が全面協力のもと成り立っています。現地の問屋さん、職人の方たちのご協力なしにはなし得ないコラボレーションなんです。今まで培ってこられたノウハウや技術を惜しみなく注ぎ込み、それに加え、こちらのリクエストにも柔軟に対応してくださる最高のパートナー! 今回、望月さんが選びアレンジした生地は、産地問屋さんと機屋さんのご協力によって生まれたもの。

峯田織物(有)の峯田さん。レディース素材を中心に、複雑な糸の組み合わせのドビー柄やジャカード柄を織り上げる事が得意。
そして(株)ワボーの横田さん。米沢の機屋さんとアパレル企業をむすびつける役目を担っておられます。

 

 

コラボレーションへの道のり その2
選んだ生地をもとにトワレチェックでディテールを詰めていきます


トワレチェックとは、生地をトルソーに着せて、立体的なデザインに落とし込む作業。この日はすでに、トルソーにはラフに縫製された状態のサンプルが用意されていました。これを見ながら、望月さんがイメージするフォルムやディテールをより具体的に突き詰めていくんです。

さまざまな身長の人が試着して、その都度バランスをチェック。肩幅、身幅、丈、ポケットの位置など、細部に至るまで微調整を繰り返しました。もちろん望月さんご自身も試着。

「冬は厚手のニットと重ねたいから程よいゆとりは欲しいのですが、意外とツイードって着ぶくれして見えるから、そこをうまくカバーできる絶妙なラインを狙いたいんです。このフリンジの感じもすごく可愛い。でも、もう少しラフ感があってもいいのかなぁ。ドロップショルダーにするのはどうでしょう」

 

先日決定した米沢織の生地ベースは、望月さんのリクエストに沿い、コンピューターで配色のシュミレーションを。並べられたのは、ネイビーをベースにしたものと、ピンクをベースにしたもの。この時点では、ネイビーに惹かれていた望月さん。それを1stサンプルに落とし込むことになりました。

 

コラボレーションへの道のり その3
待望の1stサンプルが完成! すると話は意外な方向に……


トワレチェックで決めたネイビーベースの生地に細かなディテールを盛り込んだ1stサンプルができあがり、早速実際に袖を通してみる望月さん。

鏡の前に立った瞬間、「あれ…、ちょっと渋いかな?」と浮かない表情。すかさずピンクベースの生地を当てて、「実はこっちの方が顔色も明るく見えるかもしれない」と悩みだす。
トルソーにピンクベースの生地を巻きつけ、イメージの方向性を再確認。「うん、やっぱりこっちの方が若々しく見える!」と意を決した様子。
「全体が引き締まるから」とフリンジにブレードをつけることに。色やラメ感、形状までアレンジできるということで、いちばんしっくりくる組み合わせを探ります。「なじませるか、効かせるか、それによって色の選び方が変わってきますよね」。
ボタンの色にもこだわって。「比翼にするつもりだけど、チラッと見えたときにも気を抜いていない感じが出るといいですよね」と望月さん。


たっぷりと時間をかけて1stサンプルチェックは終了。その後も調整を繰り返して、やっと望月さんのイメージしていたコートが形になりました。それは、米沢の職人たちが大切に織り上げた生地に今の感性を吹き込んだ最高の一着。合わせを選ばず、コーディネートで起こりがちなお悩みをスッキリ解消してくれるコートでもあるんです。次回は、その全貌をお届けします。乞うご期待!


問い合わせ先/NATURAL BEAUTY
tel. 03-6748-0342

構成・文/榎本洋子