前回のマインドフルネスのレッスン。あれからずっと、「私は、今、マインドフルなのか?」とことあるごとに自分に問いかけるようになってしまいました(それはそれで、できていない自分を評価することになるから、きっとNGなんだとは思いつつ……苦笑)。

そんな状態のまま、おそらく(私にとって)今年最後の野外フェスになるであろうに参加するため、富士山麓に行ってきました。このフェスはキャンプ泊が必須なため、テント持参で臨むのですが、1日目は降雨&濃霧、そして時に強風に見舞われる、なかなかに過酷な状況となりました。

朝霧ジャム。1日目はNEOかわいい、オルタナティブな、エルトロニックデュオfromカナダの、ハウスfromデトロイトのJay Daniel を観ました。あとはテントでダラダラと(笑)。
1日目は濃霧に包まれたため、それはそれで幻想的な一夜に。ライブは22時くらいで終了するため、そこからは友人と深夜までおしゃべり。


こんな時、「なぜに、私は、今、豪雨に打たれながら、外でライブを観ているの?」と問いかけてしまったら負けです(笑)。この日はカラダのコンディションが良かったのか、私はまるで滝修行する僧侶のごとし(したことはありませんのでイメージです)。神経が研ぎすまされ集中力が増し、どんどん音の中に入り込んでいくことができ……「はっ」と我に返り、(話が戻りまして)「これがマインドフルな状態か!」と悟りを開いたかのような状態に。

本題とはまったく関係ないですけれど、って本当に美味しいですよね。私がお店で手に取った瞬間は残り3つ。お店の方が「また、(入荷の)読み間違えて1日在庫がもたなかったー」とくやしそうでもあり、嬉しそうでもあり……結果的に2つ手に取るのをやめて、1つだけにしました(笑)。


そうなのか!  ライブではとりわけ重低音が響く打ち込み系のエレクトロ、ノイズやエフェクターを多用するシューゲイザー、浮遊感があるダブ、プリミティブなリズムのアフロビートが好きなのも。はたまたスノーボードで急斜面を滑走することが好きなのも、寄席で落語を観るのが好きなのも、映画館で映画を観るのが好きなのも……私、そのことだけに集中できて、思考が勝手に走らないマインドフルな状態になりやすいからなのかも! 

自分が何を心地良いと思う人間なのかが急に理解できて、とてもスッキリしたのでした(それは富士山麓の豪雨の中でしたけれど苦笑)。

2日目は見事に快晴。一転、夏日に。この後、雲がかかってしまい、鮮やかな赤富士は拝めませんでしたが、音楽を聞きながら、染まり行く富士山を眺める時間は極上でした。ちなみに、この日のヘッドライナーであったジャムバンドfromオーストラリアのが最高すぎたために、新宿行きの最終ツアーバスを逃してしまい、さらにテントを宅配便で送り返してしまっていたがために、「まずい今夜は野宿か!」とヒヤリとしましたが、大人が6人集まればなんとかなるもので、この日のうちに帰還できました(苦笑)。
 

今日のお品書き
食欲の秋ですね……と、調子に乗っていたら、先日、食あたりになってしまいました(苦笑)。我慢するのもなかなか難しい時季だけに、「賢いおやつ術」、ぜひチェックしてくださいね!