涼しくは、なって来たものの、まだ少し汗ばむ陽気です。
季節の変わり目は夏の疲れ、そして、乾燥がやってきます。
カラダが乾燥しだす時期はタルミの時期でもあります!

なぜ?
IラインのWの悲劇かと言うと、
IラインがWのカタチにタルミ変化していくことです。

実は、
Iラインは二の腕、ひざ上同様にタルミの劣化が出てしまう箇所でございます。
Iラインの延長線上の、Oラインも一緒にタルミますね!
お尻と脚の付け根の黒ずみ、、お尻のタルミのドレープ!
悲しいかな、老いには勝てない現実。
代謝が下がるから黒ずみもタルミも現れる。

タルミのドレープをどうしたら「美尻」なるかは、
かなりハードなトレーニングをしないと、、、難しいです。
TVで美尻をつくる方々のストイックなトレーニングを見たときに、
ああ~!私にはできないと思いました。

まず、時間がない!
過酷なトレーニングをやる気がない!
そこで私はアウトです。

折角、ブラジリアンワックス(VIO脱毛)をしてもWの悲劇では、
悲しい過ぎる。うんん、、、

でも、
わたし、という武器(美容機器)を持っています。

エンダモロジーは、テクニック次第で美尻と四角お尻を桃のカタチに、、。
実は、エンダモロジーとの付き合いは、結構長く15年以上サロンで愛されているトリートメントなんです。

初めて私がエンダモロジーを体験した時にひざ上のタルミが解消された時!

このマシーン欲しい!
どうしても欲しくて、欲しくて苦労して手に入れたマシーンでございます。

自分でもWの悲劇にならないようにエンダモロジーは欠かせません。

エンダモロジーは、
セルライトを取るイメージがありますが、実は全身のアンチエイジングマシーンなんです。マシーンの16ビートがコラーゲンを再生するよに促してくれるんでございます。施術中も私の手は16ビートの振動でキレイになるんですよ!

毛取御殿を建てる夢もありますが、美容機器にも興味がありまして、
新しいのを清水購入した次第です。

おけ毛を取るから次に気になる!

Iラインとお尻のタ・ル・ミ!

気になると思ったらご連絡くださいませ。
下品ですが、『けつ上げます!』

お尻を上げると言うことは、Iラインも一緒に上がるのです。
人間は一枚皮から出来てますからね~

誰も、もう言ってくれないから、自分で思うことば!

松丸弘美(まつまる・ひろみ) 
1970年 千葉県市川市生まれ。実家の梨園農園を営む両親の背中を見て育ち、自分でも何かを創くる事を漠然と考えていました。ダナ・キャランの服が大好きで19歳の時にNYまで行き挫折し。20代は香港で仕事中に突然難病と宣言され闘病し奇跡的に回復。その後、アメリカ・オーストラリアへ渡米しBEAUTYを学び。30歳で表参道にShou BEAUTY SalonをOPEN。当時はまだ数少ない『ブラジリアンワックス』を提供し。15周年のパーティーでは、お客様からの褒め言葉『BEAUTY OTAKU』を頂き。今年18年目を迎えます。なんと!BEAUTY OTAKUから、新たに『BEAUTY 変態』と呼ばれることに。
『アンダーヘアの白髪・おまたのタルミ』お悩み相談募集中!
Made in TOKYOのブラジリアンワックスをぜひ試して見てください。