久しぶりに黒い靴を買いました。
とてもきれいなスエードの黒い靴です。

以前は、ニューヨークを訪れれば必ずバーグドルフグッドマンとバーニーズの靴売り場でシンデレラごっこ。
ぴたりと会う靴を求めて、足元に並べられた靴たちに足を入れる高揚感、気づけば2〜3時間いたこともあるくらいでしたが、近頃はそう、シュークローゼットの限られたスペースの中に収まるよう、厳選できる大人になりまして(笑)。
8月のニューヨーク、バーグドルフグッドマンで一目惚れしながらも一度見送りにしたのブーツをもう一度履いてみたい気持ちになり、仕事終わりにちょこっと立ち寄ると、やはり、きれい。シルエットがたまらなく好き。滑らかなスエードの黒が、カジュアルな顔のレースアップブーツをエレガントにみせるの。定番な黒、シンプルな黒、じゃない主役の黒。黒に惹かれる今はどんな私なのだろうとふと考える。着るものの趣向はいつも心やエネルギーの変化を教えてくれたりするから面白いなと思う。

今回のNY出張に連れて行ったのコットンレースブラウス。

50's 70'sあたりのヴィンテージのようなシルエットが好きです。今までは白いコットンブラウスを愛用していましたが、近頃、黒を選んで良く着ています。

季節が移ろうこの時期、暑かったり、肌寒かったりと、毎日の服選びに悩んでしまうことも多かったりもしますが、一年を通してクローゼットに一枚は持っていたい便利でステキな黒のコットンブラウス。

今時期ならストールを持って出かければ、少し肌寒くなるような夕暮れにもよし。

真冬にはタートルネックのニットなどをレイヤーしても良いですね。 軽めの素材感は冬の装いに抜け感をだしてくれる。
光に透けたレース刺繍が満点の星のようでしょ。

秋がいつまでも夏と遊んでいる、そんな今年の秋は、色気のある黒を楽しんで見てはいかが?