前回に引き続き、「ニットとスカート」でどこまで女っぽくこなれたおしゃれ感が出せるのかについてご提案します。今回は「素材の合わせ方」にフォーカスしてみますね。

 

定番のケーブルニットを着るなら…
フェイクレザーのハードな
質感のスカートを合わせて

【短期連載②】「ニット+スカート」は「大胆な素材合わせ」であか抜けるスライダー1_1
【短期連載②】「ニット+スカート」は「大胆な素材合わせ」であか抜けるスライダー1_2
【短期連載②】「ニット+スカート」は「大胆な素材合わせ」であか抜けるスライダー1_3
【短期連載②】「ニット+スカート」は「大胆な素材合わせ」であか抜けるスライダー1_4

ニット(着用Mサイズ)¥5547(11月上旬発売予定)/無印良品 お問い合わせは 無印良品 池袋西武 tel.03-3989-1171 (着用38サイズ)¥19000/ウィム ガゼット お問い合わせは ウィム ガゼット 銀座店 tel.03-6264-5607 セリーヌのサングラス、ボンマジックのピアス、エルメスのバングル、ベルメールのバッグ、セルジオロッシのパンプス/すべて私物

ケーブルニットって可愛いですよね。でもニットの中では一番ほっこり見えるアイテム。大人の女性には少々危険かもしれません。ではどうやって着たらいいか、考え方は簡単です。

「ケーブルニット=コーディネートを優しくするもの」と捉えて、それ以外の要素をすべて相反する「ハードなもの」にしていきます。まずスカートはツヤのあるフェイクレザーのものを選び、全身黒のワントーン、そしてシルエットはストイックな「Iライン」に。

ファーやかごバッグなど小物でも「優しいもの」は徹底的に排除します。すると、ケーブルニットを着ながらも女っぷりのいい、大人感のある着こなしになります。ケーブルの編み地がアクセントになってくれるので、ワントーンにまとめても地味に見えません。

 


今年らしいモヘアニットを着るなら…
ふわふわのニットを引き立てるのは
素材が大胆に違うテロっとスカート

【短期連載②】「ニット+スカート」は「大胆な素材合わせ」であか抜けるスライダー2_1
【短期連載②】「ニット+スカート」は「大胆な素材合わせ」であか抜けるスライダー2_2
【短期連載②】「ニット+スカート」は「大胆な素材合わせ」であか抜けるスライダー2_3
【短期連載②】「ニット+スカート」は「大胆な素材合わせ」であか抜けるスライダー2_4

ニット(着用ワンサイズ)¥37000/マイアミ お問い合わせはウィム ガゼット 銀座店 tel. 03-6264-5607 (着用36サイズ)¥50000/ガニ お問い合わせは トゥモローランド tel. 0120-983-511 ヴィンテージのネックレス、ブランイリスのリング、ベルティーニのバッグ、マノロブラニクのブーツ/すべて私物

手持ちのものはシンプルなニットばかり。着まわしができて、鮮度のあるものが欲しい…そんな人におすすめしたいのは、今年の注目株、モヘアのニットです。ざっくり感があって一枚でも着映えするから、シンプルなウールのスカートを……と安易に考えると、ほっこり警報です!

ふわふわのニットを引き立ててくれるのは「素材が大胆に違うもの」なんです。
例えば、私がはいているような落ち感のあるテロっとしたスカート。素材が全然違うから、お互いのボリューム感が引き立ってきます。モヘアにウールだと素材のコントラストが弱いので、ほっこり見えてしまうというわけなんです。

淡いトーンのモヘアニットに真っ赤なスカートのように、色使いもメリハリをつけると甘くなりすぎません。

 

もっと今年らしさを狙うなら
ロングブーツで肌を隠して


今シーズン、ロングブーツが久しぶりに復活しています。丈の長いスカートとロングブーツで作る“重ためのシルエット”は今年ならではです。お手持ちの眠っていたブーツを復活させるのもいいかもですね。


次回はニットとスカートでこなれ感が上がる「シルエット」について考えてみたいと思います。

第1回「『ニット+スカート』はニット選びでシャープ&軽やかに」はこちら>>

望月さんの過去の連載はこちら>>
望月さんのロングインタビューはこちら>>