title
2

20代、30代の男性が、新卒者とは差をつけつつ、仕事で成功するには?

さてお待たせしました! ファッションと仕事がつながっていることを辛口に説く髙橋みどりさんが、実際にミモレ編集部の男性を変身させていきます! まずは、ギータこと柳田(26歳)のスーツスタイルを、ビシバシ斬ってもらいます! エストネーション六本木ヒルズ店でおこなわれたパーソナルスタイリングの様子を大公開。

【普段のギータのスーツスタイル】

Fashion Data ミモレ編集部 編集部員 柳田啓輔(26歳)スーツ/トムブラウン
「就職活動をしている学生のように見られたくないので、ファッション性の高いスーツを選択。これが社会人になって初めてのスーツだったので、奮発して買いました。また、童顔なのでヒゲを伸ばして大人っぽく見えるように意識しています」


おしゃれでかっこいいけど、仕事の場で“すね毛”が見えるのはナシ!

 


「また辛口でごめんなさい、“とりあえずスーツを着てればいいんでしょ”という感覚はやめてほしいですね。おしゃれブランドのモードなスーツと、仕事の場にふさわしいスーツは違います! ギータ君はファッション編集部で働いているから、業界内だからまだ少しは許されるとは思います。あ、でも、同性の先輩の反感はあるかもしれませんね(笑)。想像してほしいのですが、もしこのスーツで銀行にお金を借りに行っても、きっと融資の話はすぐには成立しませんよね。このようなシーンを思い描くことで、自分の着こなしがビジネスシーンにふさわしいかどうかを判断することができると思います。パンツの丈も短すぎますね。スーツを着ているときに“すね毛”が見えるのはいけません! 座ったときに見えるのも厳禁。それが相手へのマナー(礼儀)です」


スーツのときは、“ロングホーズ”のソックスをはいて!

ソックス¥2000/エストネーション(エストネーション)

「“ロングホーズ”で、“すね毛”が見えない工夫を。日本ではまだあまりなじみがないかもしれませんが、海外ではこれが当たり前なんです」


まずは王道のスーツを選ぶことで堂々と落ち着いて見え、学生とは差をつけられます

左側から:ネクタイ¥16000/フランコ バッシ、ネクタイ¥16000/ステファノ ビジ、ネクタイ¥10000/エストネーション、スーツ[ジャケットとパンツのセット価格]¥120000/タリアト-レ、シャツ¥15000/エストネーション(エストネーション) 

「今、ギータくんが着ているスーツを見てみると、デザイン的には、細いラペル、細いネクタイ、丸襟のシャツですよね。おしゃれとして、仕事でない日に着るならまったく問題ありませんが、仕事の日にはふさわしくないですよね。おしゃれに着崩すのは、いつでも簡単にできるので、まずは改めて基本の“キ”に基づいて、王道なスーツを選ぶのが、就職活動をしている学生たちと差をつけるポイントになります。ですので、スーツはベーシックなグレーやネイビーを。シャツはレギュラーカラーやセミワイドカラーを。ネクタイは、7.5cm前後の幅のものを選んでください。ギータくんは、背も高くてハンサム、加えておしゃれなスーツで固めていると、軽くみえてしまって損をしてしまうこともあると思います。王道のスーツを選ぶことで、さわやかさや知的さ、礼節を重んじる姿勢などを感じられる雰囲気になって、柳田さんの気がきいて、やさしい、素敵な性格も見た目から伝わるようになりますよ。

ちなみに、細いラペル、細いネクタイなど、ネックラインのVゾーンを細くて華奢なものでまとめた場合、デメリットもあります。ギータくんは顔が小さいからそんなに違和感はないとは思いますが、一般的には顔が大きく見えてしまいます。また、スーツのサイズ感も、タイトすぎるかなと思います。おじさんたちは、ラクチンなゆるいサイズを選んでいることが多い一方、20~30歳代の若い人は、ピチピチすぎるをサイズがかっこいいと思って選ぶことが多いんです。ですが、どちらの場合も太って見えてしまうことが多いのです」


ビジネスシーンでは間違ってもボタンダウンシャツは選ばないように!

シャツ¥15000/エストネーション(エストネーション)

「スーツに合わせるシャツとして、いちばんスタンダードなのが、“レギュラーカラー”のシャツ。これなら、どんなシーンでも着られますし、どんなスーツとでも合わせることができます。もうひとつ、若い方のスーツスタイルのときによく使われるのが“ワイドカラー”のシャツです。レギュラーカラーよりも長めの衿羽で、衿足の高さもやや高め。そしてスプレッドは100〜180度と広くなっています。英国調のスーツにも合わせやすく、落ち着いた印象に見えるので、幼く見られたくない、しっかりして見えたいという方にもおすすめです。ちなみに、ノーネクタイでもキマるからと、ビジネスシーンでボタンダウンのシャツを着るのはNG。ボタンダウンは、カジュアルな日に着るシャツです」


ヘアスタイルはさっぱりと! ヒゲも剃ります!

髙橋みどりさん自身のヘアカットも任せるほど信頼をおいている、の井上さんにヘアカットを依頼。
最初は不安そうな顔のギータでした。

「ギータくんは、仕事で年上の人と会うことが多いから、大人っぽく見せるために、髪もヒゲも伸ばしていたんだよね。でも、やっぱりビジネスシーンにヒゲはご法度。ヒゲがなくても、爽やかで大人っぽく見えるヘアスタイルに仕上げてもらいましょう」
 

\ついに完成! 新生ギータのスーツスタイル/

スーツ¥120000/タリアトーレ、シャツ¥15000・チーフ ¥4600・ソックス ¥2000/エストネーション、ネクタイ¥16000/ステファノ ビジ、靴¥89000/クロケット&ジョーンズ(エストネーション)

「大人っぽいグレーのスーツ姿、いかがでしょうか? ラペルが細すぎないジャケット、白シャツ、茶系の落ち着いた色&細すぎないネクタイに、ピタピタすぎないジャストサイズのスーツ。すべて王道な選択をしています。もちろん、ソックスはロングホーズをはいてもらったので、座っても“すね毛”が見えません」

「潔く額を出したヘアスタイルに。ビジネスシーンにおいて、額を出すことは、仕事に対する自信があることの表れでもあります。これまでもおしゃれな感じのオールバックスタイルはやっていたと思いますが、それとは随分雰囲気が変わったと思います。ヒゲもなくしたことで、ビジネスのシーンでも、信頼できる姿になったと思いませんか?」
 

ギータのヘアを手がけた井上さんのサロンはこちら!

表参道にあるヘアサロン。ヘアだけでなく、スキンケアやメイク、カラーコーディネートなど、多面的なアプローチをしてくれる。

髙橋さんがギータのスタイリングを行ったお店はこちら!

「エストネーション」は、髙橋みどりさんが立ち上げたセレクトショップ。六本木ヒルズ店は、オリジナルアイテムからインポートまで、またスーツからカジュアルまで、幅広いセレクションが魅力。

【お問い合わせ先】
エストネーション tel. 03-5159-7800

PROFILE 髙橋みどりさん

株式会社Oens(オーエンス)代表、兼イメージングディレクター。テレビ朝日のファッションレポーターを経験後、ジュンアシダ、メルローズを経て、1990年のバーニーズ ニューヨーク日本進出に伴い、バーニーズ ジャパン宣伝部ジェネラルマネージャーに就任。その後、ジョルジオ アルマーニ ジャパン広報室長を経て、2000年にスペシャリティストア、エストネーションを立ち上げる。
2005年6月にを設立。人、企業、ブランドを応援したいという思いから、ブランドのPR、マーケティング、商品・店舗活用プロデュースだけでなく、原稿執筆、セミナー講師、女性誌や情報誌などさまざまな媒体にも登場するなど、活躍の場を広げている。
また、百貨店・専門店等のMD戦略アドバイザーとして「楽しい売り場づくり」を応援。ブランディングの依頼も多く、これまでの経験を活かした多角的な取り組みが成果をあげている。


撮影/中田陽子(MAETTICO)
ヘア/井上邦夫(FRANZ by adjuvant)
スタイリング補助/小出エリ(Balata)
出演・スタイリング/髙橋みどり
構成/高橋香奈子

 

<Information>
伊勢丹新宿店本館にて、髙橋みどりさんが手がける、働く女性に向けたブランド「En B/エンビ」のポップアップショップ&セミナーが開催!


☆10月13日(土)~10月14日(日)
伊勢丹新宿店本館にて、髙橋みどりさんプロデュースの「En B」のポップアップショップがスタート!

場所:伊勢丹新宿店本館3階=キャリアスタイル/キャリアスタイル編集
営業時間:午前10時30分〜午後8時
お問い合わせ先/tel. 03-3352-1111(大代表)

☆10月13日(土)
ポップアップショップ内で、髙橋みどりさんの軽快なトークが目の前で聞けるスペシャルセミナーも開催!

時間:午後1時30分~午後2時(自由観覧可能)

髙橋みどりさんアドバイスのもと、キャリアスタイル内で買い物が楽しめる!

午後2時~午後7時まで(最終受付は午後6時)
ご参加方法:ご予約制 定員5名(参加費無料)
ご予約は下記お問合せ先までご連絡ください。

午後2時~午後3時
午後3時~午後4時
午後4時~午後5時
午後5時~午後6時
午後6時~午後7時

場所:伊勢丹新宿店本館3階=キャリアスタイル/キャリアスタイル編集
お問い合わせ先/tel. 03-3352-1111(大代表)

※先着順になりますので、ご希望のお時間に沿えない場合がございます。


・第1回「メンズファッションの基本的なルールってありますか?」はこちら>>
・第3回「スーツほどかしこまらなくてよい日に、おしゃれ感を出しつつ、きちんと見えるスタイルって?」はこちら>>
・第4回「20代、30代の男性にちょうどいい休日服って?」はこちら>>
・第5回「役職のある40代男性が仕事でより成功する為のスーツの着こなしとは?」はこちら>>
・第6回「40代男性の正しいジャケパンスタイルって?」はこちら>>
・第7回「気になる白髪や肌のくすみ…40代からの男性を元気に見せる休日ファッション」はこちら>>
・第8回「20代なら20万円台。40代なら40万円台。働く男性の賢い時計のプライスと選び方」はこちら>>