盛岡を訪れるのは2回目でしたが
街も治安が良く、人も上品で文化意識が高いと感じました。
目的地に行くのに中津川周辺を何度も歩いていたのですが
この川で生まれた鮭が、2年から4年かけて
一万キロ旅をして9月の下旬から12月初旬にかけて
この川に戻ってくるということを知って大変驚きました。

訪れたのが9月下旬だったので
溯上してきていないかなーと
川を見ながら歩いていました。
まだちょっと季節が早かったようです。
一度は見てみたいですね。

中津川周辺
中津川周辺にあるサケの旅の看板。
これを見るとリアルに驚きます。


紺屋町のあたりを歩くと、南部紫根染めのお店
がありました。
南部藩の産物として江戸や京都の
献上品としていた染物のお店です。

さらに歩くと雑貨屋のが見えてきます。
ざるやかご、竹箒など生活雑貨のお店。

佇まいも素敵な

なんとも味のある店構え。


そして、盛岡に来たならば必ず寄りたい
全国の民藝品を扱うお店は材木町にあります。
宮沢賢治の童話本を発刊した出版社からスタートしたお店。
敷地内の壁に宮沢賢治の詩が描かれています。
そして敷地内に「可否館」という喫茶室があります。
(こちらは店内撮影禁止)

  • 敷地内の宮沢賢治の詩。
  • 光原社の素敵な中庭。
  • 敷地内にある喫茶室の可否館



ところで今回の目的は
オープン2年目の本屋へ行くことでした。
オーナーが海外で買い付けてきた貴重な
ヴィンテージブックや
セレクトした和書と雑貨のお店です。
こちらは紺屋町にあります。
私は本ではなく
“NERD” (おたく)というイケてる
オリジナルトートバッグを購入。

の店内


その後は以前購入して美味しかった
に寄って
お土産に蜂蜜を買って今回の盛岡滞在は終了。

の外観

次回はいつ行けるかなぁ。
その日をまた楽しみにしたいと思います!


追記
購入したNERD(おたく)トートバッグをさっそく
スタイリングに取り込んでみました。

NERD トートバッグのある日のスタイリング。のパールのネックレスとのデニムにロゴバッグ。


岡本さんのインタビューはコチラ>>