足が大きくて、幅も広い、おまけに外反母趾…足に関しては悩みだらけの昼田です。こんなチャームポイントのない足の持ち主ですので、足は傷だらけ (笑)。いつしか「靴=我慢してはくもの」と思ってしまっていました。そんな私に、編集部の川良さんが「自分にぴったりな靴が見つかるお店ができたよ」と教えてくれまして。何やらすごい数の靴があるとか…さっそく、お店に行ってきました。


伺ったのは、日本橋髙島屋S.C. 本館3階 シューワールドにこのほどオープンしたばかりの「i/288(ニーハチハチブンノ・アイ)」。奥に見える、圧巻のシュークローゼットが目印です。

 
 


一面に広がる引き出しの中には靴が! そう、店名の288とは288パターンのこと。足の長さ、幅、形状によって288パターンあるんです。単純にす、すごい! こんなにもバリエーションがあるなら、どなたでも自分にフィットするものが見つかりそう。

足の長さは19.5〜27㎝まで0.5㎝間隔で16パターン、足囲はA〜Fの9パターン、そして足の幅が一番広い部分の形状が薄いか厚いかの2パターンで、合計288パターンを展開。今まではサイズだけで選んでいたわけですが、この細分化された表を見ると合わなくて当然、っていう気持ちにもなります。デカイ、幅広、外反母趾という三重苦の私にも合う靴があるかもと期待!

 

 

「はかる→試す→選ぶ」の
ステップで自分の足を知る


このショップでは、まず足の特徴を把握するために計測を行い、そして徹底的に試して自分にとって一番いい履き心地を探ります。私も実際にやってみましたのでレポートしてみます。

1)店内にある計測機にのります
この日私はストッキングを履いていますが、素足でなくてもOK。カメラが搭載された最新の計測機にまっすぐに立ち、待つこと十数秒。あっという間に計測結果が出ます。
2)足長と足囲が左右で違う!
こうやって自分の足を数値化することは初めてなのでへぇ〜と結果をマジマジと見つめてました。左右不対称の足ってよく聞きますが、私もそうでした。
3)両足「24.5㎝の3E、甲が厚め」からスタート 計測結果はあくまでも指針。ここからは、違和感を覚えるところはないか、履き心地を細かく詰めていきます。私の場合、まず両足同じものを履いてみたところ、左が少しゆるいかも。足をめいっぱい前に寄せてかかとに指が入るゆとりがあるのはサイズが合っていない証拠。
4)左足がしっくりくる靴を試す
ゆるく感じた左足は、幅を1段階狭いものでトライ。で、ふと思ったんですが、いつも合わない靴を履いていた私は、この違和感に慣れっこになっていたのかも。「痛い?」「ちょっときつい?」と自問自答しながら店内を歩き回ること数分。しっくりきていないところを見逃さないように……こんなに真剣に足と向き合ったのは初めてかもしれません(笑)。甲が薄いタイプを試してみたら、今度は外反母趾が窮屈な感じ。
5)調整パーツを入れてパーフェクトな一足に
いろいろ試しては店内をグルグル。じっくり確認できるのがいいですよね。足を熟知したアドバイザーが的確にサポートしてくださるので安心。結局、ゆるかった左足は「24.0㎝の3E、甲厚いタイプ」に、右足は調整パーツを入れ「24.5㎝の2E、甲厚いタイプ」に決定。私みたいに左右で違うものを選ばれる方って、実は4割程度いらっしゃるのだとか。
6)好きなヒールの高さとデザインを選ぶ
定番の「ベーシックコレクション」は、形は7.5㎝のソフトポインテッド、6㎝のラウンド、4.5㎝のソフトスクエアの3タイプを展開。色と素材はこんなにたくさん! う〜ん、迷う。(ベーシックコレクションのカラーオーダーは¥33000(税抜))
7)種類豊富なベージュのバリエ
すごいなと思ったのがスウェードのベージュだけでも4種類あること。青みがかったもの、グレーッシュなもの、黄みが強いもの、ピンクがかったもの。自分の足が一番きれいに見える色にこだわれるんです! 私は右から3番目の「ベージュ」にしてみましたが、お値段も¥27000(税抜)〜と良心的ですよね。

 

 

履きやすいってこういうこと
靴で姿勢も気持ちも変わる!


オーダーして実物が届くのは約一ヶ月後。今日は選んだ木型で7.5㎝ヒールのパンプスを履いてみましたが…。あれ、痛くない! すっごく履きやすい! 履いた直後からあるしっくりくる感じ。こんなに高いヒールは数年ぶりなんですが驚き。これならヒールリハビリできるかもと心が上向きになります。気がつけば、視線は上がり、姿勢もすっとまっすぐに。自分にフィットする靴があると全然違う! 

この秋トレンドのチェックってほっこりしがちなので、パンプスで本格的にヒールリハビリしようと決意。この「ベーシックコレクション」は、強度の中底を足裏の形状に合わせて立体化してあり、前すべりを防止してくれます。凹凸クッションソールが歩く衝撃を受け止めてくれるから疲れにくいんだそう。


「ベーシックコレクション」とは別にシーズンごとに展開される「カラーコレクション」では、ヒールの高さごとにトゥのデザインが違う全7型を展開しています。自分が好きな一足が見つかりそうですよね。

ヒールが久しぶりな方は4.5㎝からトライしてもいいかも。 太ヒールなので安定感があります。素材はスエード、エナメル、スムース、それぞれ 色も豊富。今年らしいチェックやレオパードも!どれを選んでも¥27000(税抜)です。また、履いていくうちに不具合がでた場合は、いつでも調整してもらえます。


着心地のいい服が着たいように、靴だって同じ。靴に自分を合わせるのではなくて、自分にフィットするものを履く。足元が快適だと、毎日がもっと楽しくなりそうですよね。私のようにヒール靴から遠ざかった方や足にお悩みのある方、ぜひ気軽な気持ちで試しに行ってみてくださいね。今後ポップアップショップも各地で開催されるそうです。

<ポップアップスケジュール>
10/3(水)〜10/9(火)大阪タカシマヤ
2F 中央エスカレーター前特設コーナー

10/10(水)〜10/16(火)大丸 神戸店
1F 婦人くつ売り場

10/17(水)〜10/23(火)大丸 福岡天神店
本館B1F 婦人靴売り場イベントスペース

10/24(水)〜10/30(火)京都タカシマヤ
1F ゆとりうむ特設会場

10/25(木)〜10/31(水)渋谷・東急本店
1F 特設スペース


SHOP DATA

営業時間/10:30〜19:30
tel. 03-6281-9400(直通)

 

店内には、同じ木型を使って作られているセレクトブランドも。こちらはバレエシューズのデザインが素敵な「ウィステリア フジワラ」。

 

お問い合わせ先/日本橋髙島屋S.C. 本館3階 シューワールド<i/288 ニーハチハチブンノ・アイ>
tel. 03-6281-9400 

撮影/金 栄珠
取材・文/昼田祥子