産後復帰された(ワリス)の共同代表 田中美和さんにお会いしました。

Warisは、女性の復職やキャリアアップ、キャリアシフトを支援する会社で、キャリアカウンセラーの島谷さんにはA&Aコーナーでご回答いただいただけでなく、ミモレ大学にもご登壇いただきました。私が咲子とワークショップ型のセミナーに参加し、感銘を受け、すぐさまオファーをしたのがご縁のキッカケです。

田中美和さんは、元『日経ウーマン』の記者。取材・調査を通じ、接してきた働く女性の数は、なんと3万人以上! 私は(先日数えたところ)ミモレの読者の方にお会いした数は7000人くらいだったので、もっともっと精進せねば! 著書にはがあり、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会の理事も務められています。


田中さんが最近感じている働き方のトレンドなどについて情報公開をしている中で最も興味深かったのが、「育児などで離職した方が、就職活動をし、本採用が決定! いざ!というタイミングで、旦那様から猛反対をされて、内定を辞退されてしまうケースもあるんですよ」と。それを田中さんは「旦那ブロック」と呼んでおり、ブロックするご家族の方々の説得方法もフォローされているのだそう。また、責任感が強い方ほど、家族からだけでなく自分で自分を縛ってしまってしまうケースも多いという話も印象的でした。

ご家族のライフステージそれぞれとバランスをとりながら自身のキャリアメイクをしていく必要はありますが、時の経過とともに必ずライフステージは変わっていくわけで。「準備段階の皆様に対し、ミモレがサポートできることは何なのか」を真剣に考えているところです。

今日のお品書き
分かります、母と一緒に旅をするときの「お土産」問題。旅をすることより、お土産の買い出しに来たんじゃないのかと思うくらいで。でも、母世代の立派なコミュニケーションツールなんだよな、と。太田さんのように広い心で、母のお土産タイムを大らかに見守ってあげたいと改心いたしました(苦笑)。