こんにちは、ミモレの柳田です。
ミモレの記事はすっかり秋ムード!チームミモレの皆が、そんな秋の「色」や「柄」について今のキブンをご紹介しています!

まずはじめに、一番アクセスの多かった記事は、「ヘアメイクアップアーティスト岡野瑞恵さん 大人の女性の秋メイクレッスン」から、「秋メイクのトレンド、目もとは渋柿色のアイシャドウを」でした。

シーズン毎に変わるメイクのトレンド。人気ヘアメイクの岡野瑞恵さんが「主張が強すぎないのに、どこか今っぽいのがミモレ世代にちょうどいい」というのは「渋柿色」でした!この秋、オレンジより大人っぽく、深みのある渋柿色は、日本人の肌となじみやすく、ブラウンの延長で使えます。ふわっと柔らかなニュアンスがあり、目もとに明るさも演出。秋色をナチュラルに、大人っぽく取り入れるテクニックを大公開!

記事はこちら>> 
一覧はこちら>>


次は、「大草直子の STYLING&IDEA」より、「イエローベースのチェックとロゴTとレンガ色の口紅があれば」です。

大草ディレクターの秋のキブンはイエローベースの「チェック」と「レンガ色」のリップ。80年代のチェッカーズを想起させる、少しストリートモードな配色が「ほっこり」ではなく、クールに見せてくれるのだそう。是非、チェックして見てくださいね!

記事はこちら>>


そして、「スタイリストNIMUさんが提案 晩夏に買って長く使える 秋へのスイッチアイテム5」より、「【秋へのスイッチ③】まずはボトムから。今年なら秋素材のマキシスカートを!」も多くの方にご覧いただきました。

皆様からご好評いただいている、スタイリストNIMUさんの秋のスイッチアイテム特集。3回目となる今回は、ボトムから秋物を取り入れる話。写真のスカートのような冬素材で、裾にデザインのある、長い丈感のものがとても多い年なんだそう。「夏~秋の中間シーズンに、秋のトレンドや素材感を取り入れたいなら、断然スカートがいいと思います!」

記事はこちら>>
一覧はこちら>>



また、「スタイリスト川上さやかさんが徹底レクチャー 大人の女性は、“脱ほっこり”であか抜ける!」より、「スタイリスト川上さやかさんが、ほっこり見せないためにやっている5つの工夫」も皆さまにご好評いただきました!

ディレクターや先輩も気をつけていたように、あか抜けて、おしゃれな雰囲気に見せるには、“ほっこりさせない”ことが大事。そこで、スタイリスト川上さやかさんに、全6回にわけて、“脱ほっこり”のテクニックを教わるこの特集。NG例もあわせてご紹介されているのですが、細かなニュアンスでここまで印象が違うのですね!

記事はこちら>>
一覧はこちら>>


最後は、「ミモレ世代の 「カラダと性」」より、「宋美玄先生と考える「私たち、もっとセックスするべきですか?」」でした。

女性ホルモンに大きな変化が起きやすいミモレ世代。「性」とは私たちが「女性らしさ」を謳歌するために一生向き合い続けていきたいもの。そこで、ミモレは新たに「性」をテーマとしたコンテンツを立ち上げ、みなさんと一緒に学んでいきたいと考えました。スタートとなる今回は、産婦人科医であり性科学者でもある立場から、雑誌やテレビでお馴染みの宋美玄先生に「ミモレ世代の性との向き合い方」についてインタビューしました。ぜひご一読くださいね!

記事はこちら>>
一覧はこちら>>


最後までお読みいただきありがとうございました!

それでは皆さま、素敵な週末を!