こんにちは!ご機嫌いかがですか? 

すっかり秋色の馴染む季節になり、四季のありがたさを感じます。幼いころは、本州のイチョウやモミジの色が変化した葉に強い憧れを抱いておりました。お住まいの地域の秋の風景は、どのような感じでしょうか?

ーーーーーーー

以前ミモレで目にしていた大森編集長の性教育についての記事を読み、6歳の娘がいる私は「うちもそろそろだなぁ」と感じていたこの頃。続く宋 美玄先生と大森編集長の対談〈ミモレ世代の「カラダと性」〉では、「自分たちも何も教わって来なかったから、わからない、わかり合えていないのが、いまの日本の親世代。」との言葉に「そうそう!!」と大きく頷きました。我が家はどうしようか、、なんてぼんやり考えていたら、とうとう聞かれてしまいました。「あかちゃんって、どこからくるの??」

ついにキターー、、、しかし、絶対に青い鳥が、、なんてごまかすまい。図書館からかき集めた絵本を、どれが一番伝えやすいかイメージしながら、まずは一人で読んでみました。

図書館から借りれるだけの絵本を借りてみました。ここから厳選します。

 

いろいろ読み進める中で、「分かりやすい文体」であることにポイントを絞ることに。細かい説明や長い文章だと、娘の集中力が途切れるかな?と案じて、説明はしっかりしながらも明快な内容であることを優先しました。「あかちゃんができること」については、こちらの2冊を読み聞かせすることにしました。

左:やなせたかしさんのイラストが分かりやすく、男女のからだのつくりの違いについても説明。わかりやすくて、個人的には1番安心できました。巻末では、性器の事を「女性の性器」「男性の性器」と呼んでもよいとの説明に私は安心。「ヴァギナ」と説明する絵本もありますが、慣れていなくてなんだか…。北沢 杏子 (著)やなせ たかし(絵)
右:タイトルに「ぼくの」とありますが、内容はあかちゃんができる過程についてきちんと説明があります。和歌山 静子 (著) 山本 直英 (監修)
「あかちゃんができる過程」については、個人的にはこちらの2冊が伝えやすかったです。分かりやすい文体や絵の雰囲気、どちらもきちんと「精子と卵子」についての説明を明記しています。
 

いざ読み聞かせとなると、なんだかすごく緊張しました。。。 私自身、このように性について教わったり、教えたりした経験はないため、すんごくドキドキ…。先に 宋 美玄先生と大森編集長の対談〈ミモレ世代の「カラダと性」〉を読んでいて良かった。。心持ちが全く違います。読み聞かせを受ける娘は、あかちゃんができる過程について「すごっ!」と神秘めいた表情をしていました。子供って素直ですね。

また、絵本をリサーチするうちに、「あかちゃんができること」「男女のからだの違い」「性的接触について」と、内容がおおきく3つのカテゴリに分けられることに気が付きました。

今回は、性的接触について重点をおいたこちらの2冊も読み聞かせました。こちらは、親としての責任感や、我が子を守るための意識が強く働いた絵本です。定期的に読み聞かせたいです。

左:安藤 由紀 (著) 自身のこころ・からだについて、「あなただけの大切なものだよ」と説いています。性的な接触に限らず、パンチやキックは悪いタッチ、お友達と手をつないだり、お母さんとハグすることはいいタッチとして描かれています。心身の境界線について学べる素敵な絵本です。
右:山本 直英 ・和歌山 静子 (著) 先にあげた「ぼくのはなし」の女の子版。比較してみると、こちらの内容は、心身の接触について身を守るための教えに重点を置いています。「あかちゃんができること」については説明がありません。
 
こちらは、6才の娘には内容が細かすぎましたが、家に置いておきたいなと購入を検討しています。「性」が、人生においてとても大切な部分であることを、人の誕生から老いるまでの過程の中で細かく説明しています。イラストもふんだんにあるので窮屈ではありません。特に、思春期の男女にでてくる悩み(生理や勃起、マスターベーション)についても、その原理や対処法をやさしく説いています。「親に聞くのが恥ずかしい」なんて場合にも、こちらで学んでおけるのでは?と想像しました。 山本直英 (著), 木原千春 (著)

 

今回、 娘の疑問に応えるべく絵本をリサーチしたわけですが、私自身が学び直した感覚です。インナーチャイルドに話しかけるように1冊・1冊を読み、伝える相手を娘に置き換えて絵本を選びました。一人で読んでいるときも読み聞かせする時も、なんだか恥ずかしさがぬぐえなかったのが正直なところです。

でも、こんなに大切なことにしっかりと向き合ってこなかったことにも大きな疑問と怖さを感じました。男でも女でもどんな相手を好きになっても、とにかく一個人として心身を守る知恵をつけたてあげたい。これをきっかけに、性教育がもっと日常的なものとして会話できるようになりたいものです。

ではでは、今週も素敵な1週間をお過ごしくださいね^^