とてつもなく猛暑だった7月、8月も終わり、9月もスタート!
残暑も厳しそうで、早く涼しくなってほしい、と願うばかりです。
9月は新学期の始まりや季節の変わり目など、何かと節目を感じる月でもありますね。
そんな節目の時期こそ、心機一転、気持ちを入れ替えるチャンスです。

前回の「今日も大吉‼」でも火毒について触れましたが、今年の暑さで火の毒がたまっている人が多いかと思います。
そんな火毒には、前回紹介したミントと、もうひとつ今年のラッキーアイテムでもある、浄化作用が強い御塩がおすすめです。

特に神社にある御神塩は、ご利益もあって、使わせていただくたびに神聖な気持ちに。
中でも大好きな椿大神社の「清めのお塩」は、家の盛り塩をはじめ、床の水拭きやシーツを洗う時にひとつまみ入れるてスッキリできる、生活の必需品です。
昔からお清めに使われていた御塩って、やっぱりすごいなぁ、と実感です。

御神塩はどこの神社にでも置いてあるわけではなく、かなり限られていて、
自分がいままで参拝させていただいた神社ですと

椿大神社(三重県鈴鹿市)
日光二荒山神社(栃木県日光市)
玉前神社(千葉県長生郡)
來宮神社(静岡県熱海市)
貴船神社(京都府京都市)
安房神社(千葉県館山市)
鹽竈神社(宮城県塩竈市)

などにあります。

御塩にはさらに生命力を高めてくれるパワーがあるそう。
身体も心も運気も、夏バテ解消に、御塩の力を借りて!

先日、のストーリーでアップして反響の多かった1節より、
火の年は周りも戦闘態勢に入りやすいそうですが、
今年は「戦わずして勝つ!」がテーマ!
戦うたびに火の毒がたまり、運気も急降下だそう。
自分も常に心掛けて、感情的にならず、深呼吸して心を静めてみたら、逆にスムーズに進んだり、違った角度で物事が見えてきました。

この言葉を胸に、御塩で火毒を流してスッキリと。
笑顔があふれる9月で参りましょう!
 

9月9日の新月タイムに、トークイベントをさせていただきます。

松屋銀座 1階スペース・オブ・ギンザの「BOTTEGA VENETA POP-UP SHOP」にて、スタイリスト仙波レナさんと、2018年の秋冬コレクションのトレンドやボッテガ・ヴェネタの新作バッグ「タンブーラ」を使ったスタイリングの話、そして秋からの話も!

9月9日(日)
14時~、16時~
の2回となります。

お時間ありましたら、是非お立ち寄りください。