みなさま、こんにちは。
前回に引き続き
鹿児島の私の好きなお店
今回は「甘味と夕食」編を
ご紹介いたしますね。

甘味が食べたければで饅頭または、
夏は”こぐま“(小振りなしろくま)を食べます。
ちなみに鹿児島の方は
白餡がお好きなようですが、私は黒餡派。

「蜂楽饅頭(ほうらくまんじゅう) 鹿児島天文館店」(鹿児島県鹿児島市千日町5-3)


美味しい日本茶が飲みたければ。
こちらでも、暑い日は、
“ほうじ茶ミルクのかき氷”を食べてクールダウン。

「すすむ屋茶店 鹿児島」(鹿児島県鹿児島市上之園町27 上之園町27-13)

すすむ屋のほうじ茶ミルクカキ氷


鹿児島の郷土菓子を食べたいということであれば
「両棒餅」じゃんぼ餅もおすすめ。
何軒かあるのですが、「平田屋」か
先日連れて行ってもらったばかりの「桐原屋」が好きです。

桐原屋はビーチに面していて海の家にいるかのよう。
桐原屋の両棒餅。


そして夕食。
その土地の名物を食べることもしてきましたが
この頃は自分達が好きなものが、その土地、その店で
アレンジでお料理されているものが好きだなと感じてます。
なので、毎回行くお店としては下記の3店。

季節の魚とお肉に野菜と
鹿児島の焼酎を飲みたい場合は「橙」。
自然派ワインとイタリアンのお店 「薪窯とワイン Sante」。
そして大好きなおでんと自然派ワインが両方とも楽しめる

これらのお店は東京から予約して伺います。

と、つらつら書いていると
ずっと食べてばかりの旅ということになりますね。
でも、旅の醍醐味はやはり食事。

「名山堀 梅屋」(鹿児島県 鹿児島市名山町6-13)
「薪窯とワイン Sante」(鹿児島県鹿児島市東千石町7−20 クロップビル 2F)
橙は焼酎が豊富にあります。おすすめは、大和桜と六代目百合。
橙のカウンター。黒板の字は奥様が書いてます。


市外にもおすすめはありますが
鹿児島はとにかく広いので1回ではとても周りきれません。
エリアを考えながら計画を立てて
何度もリピートして頂くと
きっとどんどん好きになって楽しくなると思っています。
また機会があれば、観光編、買い物編を
コラムでご紹介しようと思いますが
今すぐ知りたいという方は
鹿児島案内の最新本が出版されてますので
よかったらご覧くださいね。

岡本仁&グッドネイバーズカレッジ著・編集 ¥1500(税抜)/ランドスケーププロダクツ


岡本さんのインタビューはコチラ>>