CHICO SHIGETA 主宰、ホリスティックビューティーコンサルタント。美しい肌と体を育むためには心身のバランスこそが不可欠と考え、長年フランスおよび日本にてビューティーメソッドを探求。現在は、パリのセレブリティやアーティストのためのパーソナルコーチとして活動するほか、大手化粧品会社や美容機器会社のコンサルティング及びブランドスポークスマンとしても活躍中。近著に(講談社刊)など、著書多数。


ミモレ読者にも人気のオーガニックコスメブランドSHIGETAを主宰する、ホリスティックビューティーコンサルタントのCHICO SHIGETAさん。東京のオフィスでインタビューに答えてくれたCHICOさんが手渡してくれた名刺には、愛らしい愛猫のイラストと「編集長」の肩書が。今年、CHICOさんはオーガニックを上手に日常生活に取り入れるための実践的なWEBマガジンを立ち上げた。「色々な方にお話を聞いたり写真を撮ったりすることが、とても楽しくて」という笑顔からは、もっと知りたい、伝えたい! という健やかなエネルギーが伝わってきます。まずはこのWEBマガジンに込めた思いから伺いました。
 


オーガニックの“部分”ではない
全体の仕組みをお伝えしたい


「自分の中に漠然と色んな要素があったのですが、まず気になっていたことのひとつが日本では“オーガニックの枠組みを誰も作っていない”ということでした。オーガニックって本当はエシカルなもので、他の国では“私はこういうライフスタイルを送りたいから、オーガニックをチョイスする”という流れや仕組みがあるんです。でも日本では“何となく自然でいい感じ”とか“かっこいいから使っている”みたいなイメージが先行している気がして。オーガニックの良さをもっとわかりやすく説明する場所があってもいいのかな、と考えていました。オーガニックの製品は決して安くはありませんよね。でも雑誌で既存の化粧品と並んでいると、なぜそこにバリューがあるのかが伝わりづらいとも感じていました。私たちだけではなく、オーガニックブランドの多くは原料をセレクトして研究を重ね、自分たちの舞台裏とも言うべきストーリーを持っています。それを伝えると同時に、ホリスティック(統合的)なビューティメソッドで身体の中からきれいにすることで、外に出る部分が変わってくるということをより深く知ってもらえたら、という思いでWEBマガジンを立ち上げました」

オーガニックコスメの成分解説や、身体の不調別フィトテラピーレシピをはじめとする、実践的でわかりやすいコラムをはじめ、スーパーモデルのカロリーヌ・ド・メグレのインタビューまで、多彩な記事からは「誰もがポジティブに生きてほしい」というCHICOさんの願いが感じられる。

「『Spring Step』を通してオーガニックの“部分”ではない“全体的な視点”を、少しでもお伝えできたらと。今はデトックスという言葉の意味も浸透しているし、ヨガをやっている方も多いですよね。でもまだまだ周りの目を気にして“誰かになる”ことがゴールになっている人も多いような気がするんです。そうじゃなくて本来は“あなたになる”ということが本当のゴール。その人だけの美しさや生きやすさがあるはずだと思っているから、ホリスティックなものの“その先”にあるものを伝えたかった。最終的なゴールとして、みんなが自信を持って“私、これでいいよね!”と思える未来のためのお手伝いをしたいと思っています」

「Spring Step」では編集長のCHICOさん自らインタビューし、写真を撮ることもあるんだそう。

 

昨年、双子を出産。子どもたちが
夢が描ける環境を後押ししたい


「Spring Step」を立ち上げるアクションを起こす大きなきっかけになったのは、昨年、双子の赤ちゃんを出産したこと。

「子どもたちには、“自分が描いた夢は絶対に実現可能だ”と思える人生を生きてほしい。無限の可能性を抱いている命をプッシュしていく環境を作りたい。そう思ったら、もうただ座っているわけにはいかなくなりました(笑)。SHIGETAは自分と周りの人たちでやってきたけれど、今回はもっとたくさんの人を巻き込まないとできないと思ったので、近しいお友だちに話をしたんですね。そうしたら、『何か協力したい』と言ってくれる人がとても多くて。この渦は大きくなるかも、と思いました。地球のこの先を考えると不安なことはあるけれど、いい世の中にするための選択肢があるんだよ、ってことを伝えていきたい。若い人にも読んでほしいから、知識層の人はすでに知っていることでも積極的に取り上げていきたいと思っています」


世界の女性の意識の流れは
「私にとって心地いいかどうか」へ


さらに、今こそが動きはじめる瞬間だと感じた理由について“世界の女性たちの流れ”があるとCHICOさんは語る。

「大きな会社のコンサルをやりながら感じる今の世界の女性たちの傾向は、“私にとっての気持ちよさ”を大事にする流れだということ。エゴではなくてセルフセントラル、いい意味での自分中心なんですよね。選ぶ基準が“私や近しい人にとってのいいもの”が軸になっているんです。自分や家族にとって健康的なものをとりたいから、なるべく毒素のないものがいい、すると必然的にチョイスはオーガニックになる。食事もエクササイズも、いかに自分の心と身体にとって心地いいか、を基準にしている女性が増えてきていることを実感しています。オーガニックの選び方も『環境にいいから』、『誰かがいいと言っていたから』という外に軸がある理由ではなくて、私にとってピースかどうかが軸。他人軸から自分軸へ。これは一度味わってしまったら手放せない感触ですから、トレンドではなく本質に戻ったといえると思います。フランスの新聞フィガロ紙が30代女性へ行ったアンケートでも、50%の女性がケミカルな成分が入っているコスメは、例えメジャーブランドでも買いたくない、と答えています。コンサバな国・フランスでも女性の意識に変化が起きています。『Spring Step』を通して伝えたいのは、オーガニックを絶対に使ってほしいということではなく、それぞれが自分なりの調和を見つけてほしい、ということです。自分が満たされれば、ストレスなく他者への思いやりが持てる。その思いは環境に対しての思いやりにも繋がって、次のステップを踏んでいくことができる。そして結果として、誰にもしわ寄せがこない社会になっていく―それが今、私が思い描いている理想の形です」

 


次回は今年、拠点をフランスに加え、タイにも増やしたというCHICOさんの新しいオーガニック・ライフや自然に囲まれた子育てのこと。離れているからこそ見えてくる日本人女性へのメッセージをお伝えします。


CHICO SHIGETAさんインタビュー②はこちら>>

撮影/目黒智子 取材・文/細谷美香
構成/朏亜希子(編集部)