お湯で戻すだけのレシピだから、もてなしの締めの一皿にも、速攻ランチにもぴったり。自身も麺料理が大好きだという、料理家・堤人美さんの著書から、「ねぎとナッツのあえビーフン」の紹介です。
 

米からできているから、 ほかの麺とは違った軽さが


ビーフンは熱湯で10分戻すだけの手軽さ。堤さんは、新竹ビーフンといわれる台湾ビーフンを使っています。ナッツの香ばしさ、コクが米の麺によく合う一品。麺を戻している間に、薬味のねぎ、味つきザーサイやしょうがを準備。「ねぎだけでなく、季節に合わせて薬味をかえても作れます」と堤さん。あたたかいうちに手早く薬味や調味料とまぜ、香菜(パクチー)を添えます。
手軽なのに深〜い味、お楽しみください。

●動画で作り方が見られます!

堤人美さんの ねぎとナッツのあえビーフン


 材料(2人分)
・ビーフン(乾燥)   100g
・長ねぎ        1/2本
・ミックスナッツ    30g
・味つきザーサイ    40g
・しょうが       1/2かけ

A
・しょうゆ      小さじ2
・塩         小さじ1/4
・粗びき黒こしょう  適量
・ごま油       大さじ1

・香菜(葉を摘む)   適量

 作り方
1.大きめのボウルにビーフンを入れ、熱湯をまわしかけて10分ほどおいてもどす。
2.長ねぎは縦半分に切り、斜め薄切りにする。ミックスナッツはざく切り、ザーサイは粗く刻み、しょうがはせん切りにする。
3.ボウルに2、Aを入れて混ぜる。
4.1の湯を切り、食べやすい長さに切る。ビーフンがあたたかいうちに3に加えてあえ、器に盛って香菜を添えればでき上がり!

堤 人美

京都府出身。出版社を退社後、友人の食堂を手伝った際に「おいしい」と言われる喜びを知り、“料理を仕事にしよう”と目指すことに。身近な食材を使いながら、素材の切り方、盛り付けなどにも工夫を凝らし、センスのよいレシピは幅広い世代に人気がある。近著に、など。

 


著者 堤 人美 講談社 1200円(税別)

誰でもサッと作れておいしい、麺レシピの決定版!

テーマは「麺」。パスタ、うどん、そば、フォー、ビーフンまで、人気メニューを存分に楽しめます。 【鉄板麺】では、きつねうどん、ナポリタンなど。意外な食材コンビの【変わり麺】では、豚ばら肉のじゃじゃ麺風、アボカドとツナマヨのそうめんなど、定番から新鮮な麺料理までいろいろ楽しめます。麺大好きな著者のお気に入り麺レシピ。

『ラクチンおいしい! こだわり麵』のほか、お料理レシピやダイエット・美容情報など講談社くらしの本からの記事はからも読むことができます。

(この記事は2018年9月5日時点の情報です)
写真/鈴木泰介


・第1回「めんつゆに飽きてきたら、冷汁風さば缶の冷やそうめん」はこちら>>
・第2回「バルサミコが決め手!焼きパプリカとオレンジの冷製パスタ【動画つき】」はこちら>>
・第3回「半熟の黄身がトロ~り 香菜のレモンナンプラーパスタ 【動画つき】」はこちら>>
・第4回「トマトと卵のシンプル素材だけ!驚くほどおいしい焼きそば 【動画つき】」はこちら>>
・第5回「そうめんのバリエーション 濃厚ツナマヨとアボカドの麵【動画つき】」はこちら>>
・第7回「10分煮ればできるミートソースでパスタもうどんも【動画つき】」はこちら>>