シンプルなそうめんもアレンジすると楽しいもの。60以上の多彩な麵レシピが掲載された、堤人美さんのから、「アボカドとツナマヨのそうめん」の紹介です。
 

ツナマヨとアボカドが濃厚なので
シャキシャキのスライス玉ねぎが 欠かせません!


誰もが好きなツナマヨ味にアボカドが加わって濃厚なおいしさに。セロリのみじん切りの香りもアクセントです。練りがらしで味を引き締め、すりごまでアボカドとはまた違った風味とコクを出すのが堤さん流。練りがらしとすりごまは、しょうゆと合わせるとぐんとなじみ深い味になります。
「麺はいろいろな味と合わせやすいから、意外なおいしさの組み合わせをぜひ探して」と自身、麺が大好きな堤人美さん。夏に大活躍した、そうめんの新しいおいしさに出会えます。

●動画で作り方が見られます!

堤人美さんの アボカドとツナマヨのそうめん

 材料(2人分)
・そうめん 3束(150g)
・アボカド 1/2個
・セロリ 1/4本
・ツナ缶(油漬け) 小1缶(55g)
・赤玉ねぎまたは玉ねぎ 1/4個

A
・マヨネーズ 大さじ2
・しょうゆ 小さじ1
・塩 少々
・こしょう 適量
・練りがらし 小さじ1
・すり白ごま 小さじ2

 作り方
1.アボカドは種と皮を除き、2cm角に切る。セロリは粗みじん切りにする。
2.赤玉ねぎは薄切りにし、5分ほど水にさらす。
3.ボウルに缶汁をきったツナ、Aを入れてよく混ぜ、1を加えてあえる。2の水けをきる。
4.鍋に湯を沸かし、そうめんを入れる。再び沸騰してきたら差し水をして、さらに沸騰するまでゆでる。ざるに上げ、流水でもみ洗いし、氷水で洗って水けをきる。

 
 

5.器に4を盛り、3、2をのせればでき上がり!

堤 人美

京都府出身。出版社を退社後、友人の食堂を手伝った際に「おいしい」と言われる喜びを知り、“料理を仕事にしよう”と目指すことに。身近な食材を使いながら、素材の切り方、盛り付けなどにも工夫を凝らし、センスのよいレシピは幅広い世代に人気がある。近著に、など。

 


著者 堤 人美 講談社 1200円(税別)

誰でもサッと作れておいしい、麺レシピの決定版!

テーマは「麺」。パスタ、うどん、そば、フォー、ビーフンまで、人気メニューを存分に楽しめます。 【鉄板麺】では、きつねうどん、ナポリタンなど。意外な食材コンビの【変わり麺】では、豚ばら肉のじゃじゃ麺風、アボカドとツナマヨのそうめんなど、定番から新鮮な麺料理までいろいろ楽しめます。麺大好きな著者のお気に入り麺レシピ。

『ラクチンおいしい! こだわり麵』のほか、お料理レシピやダイエット・美容情報など講談社くらしの本からの記事はからも読むことができます。


・第1回「めんつゆに飽きてきたら、冷汁風さば缶の冷やそうめん」はこちら>>
・第2回「バルサミコが決め手!焼きパプリカとオレンジの冷製パスタ【動画つき】」はこちら>>
・第3回「半熟の黄身がトロ~り 香菜のレモンナンプラーパスタ 【動画つき】」はこちら>>
・第4回「トマトと卵のシンプル素材だけ!驚くほどおいしい焼きそば 【動画つき】」はこちら>>
・第6回「ナッツの香ばしさで食欲アップ!ねぎとナッツのあえビーフン【動画つき】」はこちら>>
・第7回「10分煮ればできるミートソースでパスタもうどんも【動画つき】」はこちら>>

写真/鈴木泰介