今月、パリからポルトガルに戻ってきて以来、ほとんど毎週入れ替わり立ち替わりで友人が滞在し、我が家はほとんどB&B状態でした。
今日は久しぶりの一人日曜日。
私流の日曜日、正しい24時間の過ごし方をご紹介します。

まずは、6時に起床し1時間のジョギング。今日はいつもと違った田舎道に行ってみます。コルク林を抜けた草原にはたくさんの牛が朝日を浴びています。
戻ったあとは長いシャワー。心も体もこれでハッピー度は90%。そして豆を挽いて、 フレンチプレスでコーヒー。これで私のハッピー度は100%。
朝食は、ジャーマンブレッドにアボカドとポーチドエッグをのせて塩とコショウとオリーブオイル。
そのあとは、全く予定のない一人の1日です。

まずは、お気に入りのカゴにバスタオル、帽子、ヘッドホン、コットンのサンドレスを入れて、庭のハンモックに移動。
が私の今日1日のプレイリストを作っていてくれます。
もし、読者の皆さんがSpotifyを使っていなかったら、絶対にオススメです。大好きな音楽をいつでも気軽に聞けるし、自分の選んだ音楽を基本にプレイリストまで作ってくれるのですから。

一人時間を過ごすために欠かせないアイテム

お客様続きで、ちょっと疲れた胃のためにも今日はプチデトックス。
庭のハーブガーデンからミントを切って来て、キュウリのスライスと一緒に水に入れ、大好きなスイカのスライスをスイカの器に入れて。これで一日過ごします。あとは読もうと思ってずっと放ってあった本。

スイカの器はこちらです

長いお昼寝の後は、プールでひと泳ぎ。
夕食の前には、搾りたてのライム、テキーラ、フランスのリキュール、コアントローと氷をミキサーに放り込んで、正子流フローズンライム・マルガリータのできあがり。

プールサイドでカクテルを
ハンモックでお昼寝です

24時間、誰とも会わない、口を聞かない、全く一人の時間。