おしゃれのお悩みをスタイリスト室井さんが解決していくこちらのコーナー。
引き続き、ご登場いただくのはミモレ世代の八重樫さん。「シンプルおしゃれが寂しげに見える」「年相応の華やかさが分からない」というお悩みをお持ちです。

前回までに八重樫さんの通勤定番、シャツジャケットを基調にした解決コーデをご紹介しましたが、今回は“休日のおしゃれ”をお見立てしていきます。

実際にアイテムを合わせながら、素早くジャッジしていく室井さん。
 


オフの日はデニムにTシャツ、スニーカーなど動きやすいカジュアルコーデが基本という八重樫さん。そこにアクセントになりそうなピアスやハットで自分らしさをプラス。ここで選んでいた赤やピンクの「甘い色」が、年齢より“可愛らしく”見せているかもしれません。年相応の大人カジュアルにするため、ご提案したのが、カーキのシャツにブラックデニムの辛口コーデ。

【お悩み解決】カジュアルを年相応に見せるには「辛口」を意識してスライダー1_1
【お悩み解決】カジュアルを年相応に見せるには「辛口」を意識してスライダー1_2


ロゴやハット、ピアスの色使いで「甘め」に見えてしまっていたbeforeコーデ。辛口の配色に変更することで、シックでシャープな雰囲気に。
シャツ¥23000・¥23000/ともにアッパーハイツ、 ¥84000/ザンチェッティ、¥33000/エディ ボルゴ、シューズ/私物

「ブルーデニムを履くことが多かったので新鮮!」(八重樫さん)

デニムは秋冬もまたさらにトレンドになる、ブラックデニムをチョイスしてみました。シルバー風の色落ちで、ブルーより辛口な印象になります。思っているよりも合わせやすいカラーなので、いつものデニムスタイルを変えたい方にもおすすめです」(室井さん)

「こういう色使いは地味に見えそうな気がしていたけれど華やか」(八重樫さん)

「地味に見えないよう、メイクをオレンジ系にするというのも効いてくると思います。デニムはカジュアルなので、年相応に見せるには「甘さ」より「辛さ」を意識することが大事。今回は、シャープなカーキシャツで引き締めてみました。今年のデニムトップスは、あえて“全部イン”がおすすめです。最初は慣れないかもしれませんが、後ろだけトップスを出すスタイルより、全体のバランスもよく見えますし今年らしく仕上がります」(室井さん)

「小物で自分らしさを足すとしたら、どんなものを合わせたらいいですか?」(八重樫さん)

「大ぶりバングルやバッグなど、やや個性がある小物類でも素敵。着こなしが引き立つと思います」(室井さん)

全4回にわたってお届けした、室井さんによるパーソナルスタイリング企画。次回もお楽しみに!

ヘアメイク/久保フユミ(ROI)
構成・文/昼田祥子

室井さんの過去の連載はこちら>>
室井さんのロングインタビューはこちら>>