青木良文さんと行く「京都・キレイになれる開運旅」2日目は、今年注目のパワースポットでもある金閣寺と貴船神社を訪れました。金閣寺と貴船神社へ今年訪れるべき理由とは……? 今年の京都観光のご参考になさってください。

今年のラッキカラー「ゴールド」でステイタスを上げる!


今年のラッキーカラーは「ゴールド」と「ペールグリーン」。緑の木々の中に燦然と輝く金閣寺は最強にパワフル!「さらに2018年は”見ること”でさまざまな運気を吸収するそう。高貴なものや美しいものを見ることもラッキーアクションです」と青木さん。

参加者の方の中には「金閣寺を訪れたのは、修学旅行以来……!」という方も多かったです。修学旅行風に参加者全員の集合写真も撮りました(笑)。

 

夏の青空に神々しく輝く金閣寺(正式には鹿苑寺<ろくおんじ>)。金閣(舎利殿)を囲む約4万坪の庭園を散策。たくさんの外国人観光客の方が訪れていました。

<DATA>

〒603-8361
京都市北区金閣寺町1
tel. 075-461-0013

参拝時間:午前9:00〜午後5:00
※年中無休
※特別拝観時は時間が異なることもありますのでご注意ください。

参拝料金: 大人(高校生以上)400円、小・中学生 300円
※団体割引はありませんが、30名以上の場合は団体としてお入りください。
※特別拝観時は料金が異なることもありますのでご注意ください。



「貴船神社」で水の気をチャージ!


「キレイになれる開運旅」、続いて訪れたのは。貴船神社は、古くから祈雨の神、水の神様として信仰されてきました。名物の“水占みくじ”や横を流れる貴船川の川床(かわどこ)料理など、水の気があふれており、水の気を持つ女性のための運気アップにぴったりの神社です。

木々の緑と春日燈籠の赤のコントラストが美しい参道。夏は夕刻〜20時までのライトアップの時間帯に訪れるのもオススメです。
「火は上(天)に向かって伸びるように、火の年は天と繋がりやすいそう」と青木さん。願いも天に届きやすいと聞いて、ミモレ大森も短冊に願掛けを(ちょうど七夕祭りが開催されていました)。
貴船神社を訪れたら、水に濡らすと占いがあらわれる「水占みくじ」にぜひトライを。「おみくじを引くのは、おみくじの言霊を通じてその土地と繋がるという意味もあると言われていてます」と青木さん。

「きふね」は古くから「氣生根」とも表記され、万物のエネルギーである《氣》が生ずる根源の地という意味で、その御神氣に触れるだけで元気が出ると崇められてきたそうです。 

本宮からさらに奥へと進んだ「奥宮」では、木々の間から差し込む光がリングとなって天から降り注いでいました。

参拝の後は、川床でランチを。真夏でも涼しい川べりのマイナスイオンをいっぱい浴びて“氣”をチャージ! 

<DATA>

〒601-1112 京都市左京区鞍馬貴船町180 
tel. 075-741-2016

参拝時間(本宮):
6:00~20:00 (5月1日~11月30日)
6:00~18:00 (12月1日~4月30日)
※年中無休・参拝料無料
※正月三が日は20:00閉門
※ライトアップ開催期間中は参拝時間延長


「パワースポットを訪れる」「温泉に入る」「地のものを食べる」のは三大ラッキーアクションだそう。一度に全て堪能できるスポット、日本にはたくさんありますね☆  またこのようなミモレツアーを企画できたらと考えています。リクエストやおすすめスポットなど、ぜひコメント欄へお寄せください!

“火の年”2018年のラッキーアクションとは?【青木良文さんと行く京都・開運旅①】はこちら>>

撮影・取材・文/川端里恵