2014年に完成した橋の上にて。

サン・マロで宿泊していたホテル(フランス旅②でご紹介しています)から歩いて1〜2分の所に、モン・サン・ミッシェルへの直通バス(Keolisという会社)の乗り場がありました。予約不要の上、片道約1時間15分で着くし、運転手さんも感じの良い方でした。

モン・サン・ミッシェルの駐車場に着いたら、帰りのバスの場所と時間を確認した上で、修道院へと向かいます。無料シャトルバス、馬車(有料)、徒歩(50分くらいかかるらしい)のいずれかを選びますが、私たちは12分程度で着くシャトルバスで。

島に入るとすぐ左手に、ラ・メール・プラールのレストランが。オムレツが有名。
私たちは帰りのバスの時間を気にして、レストラン向かい側の、ラ・メール・プラールのテラスで軽食を。右手前のサブレも定番!
修道院の回廊。レリーフが美しい。
回廊のステンドグラスの意匠も興味深い。
修道院の中。監獄として使われていた時期もあるなんて。
サン・マロにも多いカモメ。エサをやると凶暴になるので注意。
修道院内のショップで、息子に買った本。後で振り返りながら、塗り絵などを楽しめます。振り仮名が無いのが残念。

半日でも十分観光できますが、私の両親は以前、島内のホテルに泊まり、ラ・メール・プラールのオムレツを食べたり、綺麗な夜景を見たりしたそうです。ガイドさんについて干潟を歩くツアーも、面白そうでした!