ホテルの近所でぶらりと入ったレストランで。暑いから、後ろの女性くらい肌を出している人もたくさん。

8日間のフランス旅から帰って参りました。

パリに到着した日、空港からモンパルナス駅へバスで向かいました。そのまま西の港町サンマロへ行くはずが、何とTGVが満席!そう。油断していましたが、バカンス・シーズンが始まっていたのです。

急遽、駅近くのホテルを予約し、泊まることに。

画家の藤田嗣治氏が1913年にここで暮らし、創作活動をした、と書いてありました。
外も明るいので、夜に着いても、冬よりちょっと安心。(でも油断禁物!)
私はパテやチーズの載ったサラダを。鮮やかなピンクのクロス。フランスで飲むワインは美味しい!

滞在中、フランスのテレビのニュースでも、西日本の豪雨の被害について、国内のニュースを差し置いて二番目の項目として扱っていた日もあり、関心の高さが窺えました。

そのような中ではありますが、次回からまた、フランスで撮ってきた写真をもとにレポートしたいと思います。