フランス田舎旅のゴール、パリではバルコニーからエッフェル塔が見えるホテル「Hôtel San Régis」に。セーヌ右岸のホテルは、いつもの予算より少しだけ頑張りました。

みなさん、こんにちは!
前回に引き続き、良いホテルを見つけるためのWEB検索と予約方法についてお話させていただきます。ホテルを決める際に外せないのが、旅好き、ホテル好きの方々のブログです。これを利用させてもらわない手はありません。

昨年、母に加えて妹、娘とともにフランス旅行をしたのですが、そこでのプランの一つは、最初の目的地のシャンパーニュ地方でシャンパンを購入し、最後の目的地、パリのホテルのバルコニーで眼下に広がる優雅な街並みを見ながらカンパーイ! とすること。エッフェル塔なんて見えたらさらに素敵!―――そんなわけで、旅の締めくくりを飾るにふさわしい、バルコニー付きの部屋がある(ちょっとだけ奮発した)ホテルを探していました。

検索ワードは「パリ ホテル バルコニー 眺め エッフェル ブログ」。さらに、ここでのおすすめは「画像検索」です。旅好きの方々が撮った、バルコニーや窓から眺めるエッフェル塔の写真がずらっと並びます。それでも足りないなあと思えば、外国の方々のブログも検索します。「Paris hotel balcony view Eiffel blog」と入力。バルコニーにこだわるのは外国人のほうが多いらしく、求める画像がよりたくさん出てきます。そして気に入った画像からそのページにとんでリサーチ! 皆さん思い思いの文章を丁寧につづってくれていますし、英語が多少わからなくても、きれいな写真には説得力があります。

 
 

シャンパーニュ地方、エペルネの19世紀のお屋敷を改装したホテル。広々としたバスルームには猫足バスタブも!

だいたいのホテル候補が決まったら、そこで初めて予約サイトをあたって口コミ等をチェック。料金もホテルの公式サイトが良いか、予約サイトが良いか比較します。部屋の空き情報が違っている場合も多く、予約サイトで空室がなくても公式サイトだと取れることも。私は、ベッドの数や窓からの眺めのことなど、ホテルの人と直接やり取りしたいので、ほとんどホテルの公式サイトで予約しています。そして最近は、ホテルの公式サイトのほうが安かったりするのです。

ホテルに直接メールするときは、思いつく限りのリクエストを書きます。「いついつに宿泊を考えている」「年老いた母との旅行である」「ベッドはわかれた2つが希望」「良い眺めがほしい」等々―――。私の経験からすると、自動ネット予約より良い条件が出される場合が多い気がします。マドリッドのホテルでは、思いがけず、朝食付きで素泊まりと同じ金額を提示してくれたことも。いつもラッキーなことがあるわけではありませんが、余裕がある時は、血の通った(笑)人間が相手のメール予約がおすすめです(今や英語の例文もネットにたくさんでていますし)。

 
 

イギリス南西部、ドーセット州にあるB&B、。窓を開け放つと“ザ・イギリスの田舎”の風景が一面に。夜に到着したため、翌朝にこの眺めに出会い、思わず歓声があがりました。

さて、そうして予約したパリのホテル。バルコニーからの眺めは思い描いていた通りの素晴らしいものでした!……違っていたのは、カンパーイ!が、シャンパンではなく、ビールだったこと。そして、おつまみは韓国スーパーで買ったキムチとキンパ。ヨーロッパ旅も最後のほうになるとアジア食が恋しくなっちゃうんですよね(笑)。
それもまた、母娘旅のいい思い出です。

こちらもホテルのバルコニーから。ライトアップされたエッフェル塔に喜ぶ母。思い描いた通りの眺めに出会えると、コツコツ検索した努力が報われます。


第1回「母は旅のベストパートナー?」はこちら>>
第2回「今こそヨーロッパの田舎へ」はこちら>>
第3回「ホテル選びに最大限の情熱を!」はこちら>>
第5回「私がホテルに求めるもの」はこちら>>
第6回「母にとって、楽しかった旅の条件とは」はこちら>>
第7回「母との旅の食事問題」はこちら>>
第8回「旅のファッションについて①」はこちら>>
第9回「旅のファッションについて②」はこちら>>
第10回「旅のファッションについて③」はこちら>>
第11回「旅の交通手段について①」はこちら>>
第12回「旅の交通手段について②」はこちら>>
第13回「旅の交通手段について③」はこちら>>
第14回「お土産問題」はこちら>>
第15回「母との旅でいちばん大切なこと」はこちら>>
第16回「旅の目的地問題」はこちら>>